FC2ブログ

フレディが好きなアールデコ

ロンドンでデザインを学んだフレディは、ジョージ王朝時代の邸宅に住んでいましたが、ビーダーマイヤーアールデコの家具や装飾が好きだったそうです。
ジョージ王朝時代後半のデザイン様式は、イギリスではリージェンシースタイルと呼ばれ、ドイツではビーダーマイヤースタイルと名付けられました。
19世紀前半の時代、古代ローマ・ギリシャや、古代エジプトのデザインの影響を受けてまいす。
イギリスのリージェンシースタイルでは、中国のシノワズリーや、インドのムガール様式も取り入れられました。
ドイツ・オーストリアで中産階級が力を得て、装飾が少なく実用的なデザインが流行したものがビーターマイヤーです。
イギリスの家具は、植民地から送られるマホガニーやローズウッドのような高級な木材で作られていましたが、ビーダーマイヤーの家具は自国産の木材を使い、自然の色を強調しています。
ビーダーマイヤー様式
ビーダーマイヤーのインテリア

ビーダーマイヤーはその後、バウハウスやアールデコへ受け継がれていきました。
アールデコは1910年代から1930年代にかけてヨーロッパで流行したデザインで、電気や機械が広まった近代的生活に合わせた機能的、現代的なフォルムが特徴です。
富裕層向けの一点制作が中心だったアールヌーボーに対して、アールデコは一般向けの大量生産も行ないました。
アールデコ1

フレディはニューヨークに所有していたマンションのインテリアを、アールデコに統一していたそうです。
いかにもフレディが好きそうですよね。
アールデコ2
ほんとにフレディに似合いますよ!
モントルーのダックハウスもこんな感じだったと思います。

このような貝の形のソファもアールデコのデザインなのですね。
フレディはこんな貝のソファーとベッド、キャビネットなどを揃えて、メアリーに送ってあげたそうです。ロマンチックですね!
貝のソファ


メアリーといえば、メアリーがつとめていたBIBAが入っていたビルがこれです。
BIBAのビル
1920年代のアールデコスタイルとして名高い建物で、レリーフがとてもきれいだそうです。
BIBAは、1960年〜1970年代のファッションの象徴でした。
世界中から買い物に訪れる人気店でしたが、1970年代半ばの不況により閉店しました。
当時の顧客名簿には、フレディやルー・リード、デヴィツド・ボウイなどが名を連ね、伝説のブランドとなっています。
フレディはここでアールデコの装飾に触れていたので、アールデコが好きになったのかもしれませんね。


実は日本でもアールデコの建築を見ることができます。
目黒の「東京都庭園美術館」や、銀座のビアホール「ライオン」、上野の東京国立博物館本館などです。
「東京庭園美術館」は本当に美しい邸宅で、往年の貴族の暮らしを体感することができます。
東京都庭園美術館

玄関にはルネ・ラリックのガラスの装飾があります。
ルネ・ラリックはフレディも愛好していたガラス工芸家ですね。
庭園美術館のルネ・ラリック

意外と身近なところにもアールデコを見ることができます。








もしもフレディに前世があったなら

<もしもフレディーが、シリーズ5>
▶︎もしフレディに前世があったなら

フレディに前世があったとしたら、どのような人生だったでしょうか?
そもそも人間に生まれ変わりがあるのかという問題がありますが、私は人間や生物の生命は、死を超えて絶えることなく続いていると考えています。
でもそれはAさんがBさんに生まれ変わったというような単純な考えではなく、Aさんが過去のBさんと強い関連があるという風に捉えると良いのではないかと思っています。

そして過去生というのは、現在生と似ているか、正反対である場合が多いとされています。
過去生から継続して同じようなテーマに取り組んでいるか、あるいは過去に足りなかった面を補充するために、正反対の人生を選択している可能性があります。
そのようにフレディの過去生を考えてみると・・・

1) 吟遊詩人だった。
吟遊詩人

吟遊詩人とは、歌や詩を作り、各地を旅しながら歌う人のこと。
中世フランスのトルバドールや、中世ドイツのミンネジンガーは、「アーサー王伝説」や「ニーベルンゲンの歌」を歌い広めました。
アイルランドのケルトでは、バードと呼ばれます。
またジョングルールは旅芸人であり、大衆的な歌で民衆を楽しませました。
日本の琵琶法師も「平家物語」を歌い伝えました。

フレディも世界を旅しながら、愛の歌を歌い続けた現代の吟遊詩人といえますね。


2)カストラートだった。
カストラート

カストラートとは、1550年頃からイタリアで一般化された、ボーイソプラノを保つために去勢された男性歌手のこと。
最も有名なカストラートは、18世紀イタリアのファリネリで、3オクターブ半の声域を持つ彼が歌うオペラでは、上流階級の女性たちが次々と失神したという。
カストラートの収入は莫大なものとなり、優雅な生活を享受したが、男性としては一生禁欲せざるを得なかった。
その時の欠乏感が、後にフレディの放蕩を呼んだのではないか?


3)ペルシャの王子だった。
ペルシャの王子 アニメ

ペルシャの王子だったため、気位が高く、高価なものを好む。
この絵は「アルスラーン戦記」より。中近東を舞台にした物語ですね。
王子とはいえ、国政や戦争には興味がなく、詩や音楽、美術を愛好していた。


4)ゾロアスター教の司祭だった。
ゾロアスター教の司祭

敬虔なゾロアスター教の司祭として、清貧で禁欲的な生活を送った。
その反動で、フレディは派手で贅沢、退廃的になる。


5)インドのマハラジャの王子だった。
インドの王子

インドのマハラジャの放蕩息子だった。
(この写真の人のことではありません)


6)修道院の孤児だった。
修道院のオルガン

8才で孤児になった少年が修道院に入ったが、彼には音楽の才能があり、よくオルガンの練習をしていた。
ところが彼は成人する前に病で亡くなってしまった。
フレディとして生まれ変わると、前世で練習したオルガンの技術が才能として宿り、あまり練習しなくてもフレディはすぐにピアノを弾くことができた。
前世で孤児だったため、孤独な気持ちが強く、フレディは生涯愛を求め続けたのであった。


7)高級娼婦(女性)だった。
高級娼婦

キラークイーンですね、ダーリン。
オペラや文学にも高級娼婦はよく登場します。


8)ペルシャ猫だった。
ペルシャ猫


というのは冗談ですが。
というか、この「もしも」シリーズは冗談ですからね!
私は1番と2番の可能性が高いと思います。
人の一生は有限です。
一度の人生で全てを成しとげることはできません。
それで何回も生まれ変わっては、自分の目的を達成していくのかもしれません。
フレディは今回の生で多くの目的に到達し、また多くのことを学んだのでしょう。
彼は今回の人生に満足しているでしょうか?
また次の人生に挑戦することがあるのでしょうか?



フレディの夢

フレディの夢を見たことがありますか?
私が見た夢では、フレディがベティちゃんのTシャツを着ていました。

ベティちゃん

ステージの合間らしく、ステージの裏でフレディに会い、
白いテーブルを挟んで、向かい合わせに座りました。
フレディは少し疲れた様子で、目の上にくっきりと黒いアイラインを引いていました。
私は1975年の初来日にも行きました、あなたのファンですと、しどろもどろに言いました。
フレディは少しはにかんだように微笑みました。
何か飲み物をほしいようだったので、まだステージがあるのに強いお酒はいけないと思い、
ビールを渡しました。
という夢でした。
夢でもフレディに会えて嬉しかったです!


▶︎もういちどは夢というか、起きる直前に夢うつつで見たフレディなのですが、
黒い大きな箱の中で、右上に座り「いつもここにいたんだよ」と言いました。
白いサテンのシャツと、白いパンツ姿でした。
その時、私はハッと悟りました。
そうか、フレディはコクマーにいたんだ!
コクマーとは、カバラの「生命の木」のセフィラのひとつで、右上に位置しています。
2番のところです。

生命の木

コクマーは宇宙の積極原理とされ、能動性、意志の力を意味し、爆発的なパワーを持っています。
原初の男性原理とされ、刺激を与える力を持ち、ここから下位の(7番)のネツァクまで降ろされると具体的な芸術となります。
人間たちは10番マルクトにいます。
コクマーは、太陽系の惑星に当てはめると天王星です。
天王星は独立と革新、自由と解放を表します。古いものを壊して新しいものを創り出す力を持っています。

そうか!
フレディはいつもコクマーにいて、人間たちに働きかけていたんだね!
というか、彼はコクマーが強い人だったのかもしれない。
そして人間たちのコクマーを刺激しているのだろう。ネツァクを使って。
フレディは独立と革新、自由と解放の人。
常識にとらわれず、古いものを壊して、新しいものを創り出している。

いつも右上にいるフレディ、私には忘れられない強烈なインパクトです!


正倉院展のペルシャ文様

正倉院展

東京国立博物館で開催中の「正倉院展」へ行ってきました。
やはり圧巻なのは「五弦の琵琶」!
五弦は世界で唯一つ現存する実物です。
1200年前の8世紀に中国(唐)で作られたものですが、今でも美しい艶があり、螺鈿の装飾は息を呑む豪華さです。
このようなすばらしい絶品を見ると、人間はだんだん退化しているのではないかとさえ思えます。
上の写真の右端が琵琶です。

琵琶はインド伝来とされていますが、さらに遡るとペルシャに琵琶の先祖となる楽器がありました。
ササン朝ペルシャの遺跡から発掘された工芸品の浮き彫りなどに、琵琶の形をした楽器がしばしば見られます。
糸倉が後ろに曲がり、バチを持って弾奏され、「バルバット」と呼ばれました。
これが4弦の琵琶やウード、リュートの先祖になります。
つまりギターの先祖ですよ、ブライアン!
これがペルシャから中国へ伝わり、日本の正倉院までやって来ました。
西へ伝播したものがリュートになり、ギターになります。
正倉院の琵琶は、現存する世界最古の琵琶です。
夜光貝による螺鈿の装飾が、あまりにも美しい!
琵琶の装飾

「正倉院展」で最も興味を引かれるのは、ササン朝ペルシャで作られたガラス器や、由来のデザインです。
いちばん上の写真の、中央左寄りにある白っぽいガラス器は、ササン朝ペルシャで作られた実物です。
これは後期の展示なので、私が行った時は残念ながらまだ展示されていませんでした。
行かれる方はぜひ見に行ってください!
ササン朝ぺルシャとは、226年から651年までのペルシャ王朝で、ゾロアスター教が国教でした。
つまりフレディの先祖が、まだペルシャにいた頃の時代で、その時に作られたガラス器が正倉院に伝わり、いま私たちがそれを目にすることができるというわけなのです!
もしかしたら本当にフレディの先祖が作ったものかもしれないではありませんか?!
フレディはアートスクールでデザインを専攻したのですから、ありえない話ではありません。
そんなことを空想しながら見てみると、楽しさが倍増します!

私は中学校の美術の教科書で、このガラス器を見て以来、忘れられない印象が強く残っています。
いずれ奈良の正倉院へ見に行きたいと思います。
他にもササン朝ベルシャで作られたものではないけれど、ササン朝ペルシャのデザインで作られたものがいくつかあったので、私の目は爛々と光り、涎も出そうになったのでした。

ところでペルシャの文様といえば、ペルシャ絨毯ですね。
最古のペルシャ絨毯はアケメネス朝ペルシャで作られたとされます。
アケメネス朝ペルシャは、紀元前550年から紀元前330年までの王朝で、代々の王はゾロアスター教を信仰していました。
壮大なペルセポリスを造営するなど繁栄していましたが、マケドニアのアレクサンダー大王の攻撃により滅亡しました。
ペルシャ絨毯は高価なので高嶺の花だったのですが、やっと最近小さなペルシャ絨毯を手に入れ、ヨガマットにしています。
ペルシャ絨毯でヨガを行なうと、じつに気分爽快ですよ!
ペルシャ絨毯
ペルシャ絨毯は、世界のセレブのご用達なので、フレデイ邸にも敷き詰められていたのでしょうか?

奈良の正倉院は、シルクロードの終着点と言われます。
日本の着物には、ペルシャ文様がよく見受けられます。
じつは日本人には身近なペルシャ文様なのですね。
着物のペルシャ文様

それにしても、「正倉院展」に行って、
琵琶だ、ペルシャ起源だ、ギターの先祖だ、ブライアンだとか、
ササン朝ペルシャのガラス器だ、ゾロアスター教だ、フレディだとか、
ペルシャ絨毯はアケメネス朝ペルシャだ、ゾロアスター教だ、フレディだとか、
いちいち思っている私っていったい・・・





プラネタリア/ クイーンの「ヘブン」

有楽町マリオンにある「プラネタリア」で、クイーンの「ヘブン」をやっと見ました。
7月から上映していたというのに、なかなか見る機会がなく、10月に予約を入れたところ台風に見舞われて、電車が不通になり、たどり着くことができませんでした。以前なら、電車が止まったなら自分で運転して行ったものですが、さすがにそれはちょっと危険かなと。
プラネタリア ヘブン

ネットで席を予約するとカード決済のみなので、もう現金で入場することはできない時代になったのかと思っていましたが、到着してみると窓口に人間がいるのでびっくり。そしてお金も使えることがわかって2度びっくりでした。何をびくびくしているんだ私。
ブラネタリア入り口

クイーンの「ヘブン」の入り口には、なつかしい面々がお出迎えしてくれます。
こんな時代もあったんだなあ。みんな若い。
看板息子達

こんなパーソナルな3Dシアターもあって、面白そうだった。
3Dシアター

ドーム内に入ると、こんな感じになっていて、上映中はもちろん撮影禁止。
ドーム内

そして「ヘブン」が始まった。
私はチェア席を予約していたが、クッション席の人たちは仰向けになって鑑賞するので、天井を見るためにはそれもgoodなのではないかと思う。
ネットではあまり「ヘブン」の感想を書いている人がいないので、きっとあまり面白くないんだろうなと思っていました。
で、見てみると、やはりCGの技術がすごい。
一面のスクリーンではなく、36度のドームに投影するので、実際にその場所に入り込んだかのような臨場感があります。
海の波が打ち付けたり、空から隕石が落ちてきたり、それはどエライ迫力です!
空中飛行のシーンなどは本当にクラクラするので、めまいがする人もいると思う。
パンフレットを読むと、「クラクラして気分が悪くなった人は、目をつぶって下さい」とある。
なるほど、目をつぶればいいのか。

私は個人的には「who wants to live forever?」の映像が良かったな。
永遠性を感じさせるリングと、人間の生命の限界を表すリングが合体するイメージ。

CGは良くできているけれど、惜しいのは全体のイメージが暗いこと。
宇宙が暗いのは仕方がないけれど、山や海、大自然の描写が暗いのです。
日本の自然はもっと美しいぞ! イギリスの風景は暗いのかなと思いつつ、最後のクレジットを見ると、制作はミュンヘンのスタジオになっていました。そうかあ、ドイツの映画も暗いからなあ。
日本のCGスタッフが作ったら、きっともっと美しいものができるに違いない。
見終わった時に爽快感が得られるといいのにね。

クイーンのPVがところどころに挿入されているのですが、当然のことながら新しい映像はないので、クイーンファンなら見慣れたものばかりです。
クイーンの映像を見るというよりは、最新のCGを楽しむと思った方が良いかもね。
音質については、あまり期待しないでください、と言っておこう。

CGについては、1982年の映画「トロン」から、もう長いこと見慣れているので、次は早くホログラムが見たいなあ。
「トロン」といえば、あの頃、池袋のサンシャイン60が1978年に開業して、レーザー光線のショー「レザリアム」をやっていたので、何回も見に行ったっけ。そう、当時は「レザリアム」と「トミー」と「トロン」だったな。サンシャイン水族館のゴマフアザラシも可愛かった。
「トミー」は1975年に公開されたザ・フーの映画。面白くて何回も見に行き、音楽をカセットで録音していたよ。
1975年には「ロッキーホラーショー」の日本初上陸もあり、もちろん見に行きました。
まあ「トミー」や「ロッキーホラーショー」のインパクトはすごかったので、思い出話になってしまってスマン。

早くホログラムのフレディがステージで歌っているところが見たいですね!








プロフィール

楽園のペリ

Author:楽園のペリ
1975年、初来日の武道館でクイーンを体験、フレディのファンになる。長らくクイーンのことは忘れていたが、映画を見て思い出し、フレディについて研究するうち、ついにロンドンのガーデンロッジや、モントルーのクイーンスタジオまで行ってきました!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR