FC2ブログ

クイーンは中流階級出身の音楽

イギリスは階級社会だといわれます。
上流階級・中流階級・労働者階級がありますが、最近では7つの階級があるとも言われています。
上流階級には、ロイヤルファミリーを頂点として公爵・侯爵・伯爵・子爵・男爵があります。
上流階級とは、世襲の貴族のことなので、たとえサーの称号を与えられたとしても、上流になることはありません。
サーの称号を持つ人に、ショーン・コネリーやミック・ジャガー、エルトン・ジョンなどがいます。

ブライアン・メイは2005年に大英帝国勲章を受けており、第三等のコマンダーCBEの称号を持っています。
第三等はサーを名乗ることはできません。
このような称号は一代限りのものであり、世襲ではないため、上流階級になることはありません。
クイーンは大変な収入を得て優雅な暮らしをしていたため、上流階級と目されることもありましたが、彼らはあくまで中流です。
ブライアン

労働者階級というと、日本ではブルーカラーを思い浮かべますが、イギリスでは日本と違い、オフィスで働くホワイトカラーにも労働者階級がいます。人口のうち半分以上を労働者階級が占めています。
ビートルズは労働者階級出身でした。
パンクも労働者階級出身で、ロックは労働者階級のものというイメージがありました。
しかし中流階級出身のミュージシャンも多く、ミック・ジャガーは祖父と父が教師で、兄弟も教師になりました。彼自身も成績が良く、官吏になるための勉強をしていました。
ストーンズではブライアン・ジョーンズもミドルクラスで、母親はピアノ教師、家庭内で音楽会を開くような家でした。他の3人は労働者階級出身です。

ピンクフロイドのシド・バレットやロジャー・ウォータースもミドルクラスです。プログレッシブ・ロックは中流階級が多い。
ジェネシスの初期のメンバーは全員がチャーターハウスというパブリックの名門校の出身です。

クイーンはもちろん中流階級出身ですが、フレディは植民地出身なのでちょっとわかりにくい。
フレディの父親はザンジバルで、イギリス政府の会計官をしていたというので、公務員であり、中流階級ですね。
高級官僚だったという説もあるのですが、たとえそうだとしても上流階級ではありません。
最近では「上級国民」という言葉も、ネットでは散見されますが、これは 政治家や役人などの権力者、富裕層などの特権階級を指しているようです。フレディのバルサラ家は、ザンジバルでは上層階級に位置し、上級国民だったと言えるでしょう。
しかしロンドンに移住した時は財産も持ち出せず、ご両親は苦労したことと思います。
クイーン ワークス

もともとロックは「不良の音楽」だと思われていて、中流のお坊ちゃんたちは、わざわざそれを隠すこともあったという。
フレディもアッパーミドルだったのに、やたらと「バッドガイ」になりたがった。
不良になりたくても、結局はなりきれなかったんじゃないの、フレディは?
フレディのいいところは、階級にこだわらずに、広く色々な人と付き合っていたこと。
メアリーもジム・ハットンも労働者階級です。

フレディは孤独だったから、不良になってみたかった。
フレディが亡くなる10日前のインタビューで、なおも孤独を訴えているので驚きました。
最後の数年間はガーデンロッジで落ち着いて暮らしていたと思っていたのに。
「実際、僕の抱えている孤独は一番がまんできない類のものだ。孤独は、自分で部屋に閉じ籠もるっていうものだけじゃない。人でいっぱいの場所にいてもなお、一人ぼっちの男になることもあるのさ。なぜって、その理由は、誰とも本当に馴染むことができないからさ。」 (『クロスビート』1992年1月号に掲載された「フレディ・マーキュリー、死の10日ほど前に行われたと思われる最後のインタビュー」より)

上流階級の人は、音楽家を雇って演奏させたり作曲させることはあっても、自分がミュージシャンになることはありません。
彼らは「音楽家に身を落とすことはない」と言います。
音楽家って、身を落とすことなのか〜

そんなことを言っても人間は皆同じ、本当は階級なんてないと思います。
階級なんて迷妄ですよ。


カウンターカルチャーからメインカルチャーへ

19世紀までのヨーロッパで形成された文化をハイカルチャーといいます。
クラシック音楽、バレエ、オペラ、古典絵画、人文科学、社会科学、自然科学(天文学など)、応用工学(歯学など)、総合科学などです。
ブライアンはハイカルチャーを学んだので、ポップカルチャーのロックへ進むことを、父親が反対したそうです。
ロジャーもハイカルチャーを学んでいます。
フレディはクラシック音楽やバレエ、オペラを好んだので、ハイカルチャー趣味でした。これは彼の家族や親戚には医者や弁護士が多く、バレエやオペラが好きだったからだそうです。

ロックはポップカルチャー(大衆文化)ですが、はじめはハイカルチャーに対するカウンターカルチャー(対抗文化)として登場しました。
しかし今や世界中で受けいられる音楽になっているので、メインカルチャーになっています。
そうするとまたロックに対抗する文化が生まれてくる可能性があります。

カウンターカルチャーとはサブカルチャーであり、これまでにロマン主義(1790〜1840)やボヘミアン主義(1850〜1910)などがありましたが、1960年代のアメリカのカウンターカルチャーはグローバル化しており、ヒッピーのサブカルチャーと1970年代・1980年代の多様化したパンク・サブカルチャーと関連しています。

アメリカのカウンターカルチャーは、文化革命運動と言えるもので、移民国家の中で多様性の容認を求めるものでした。
「多様性の容認」の中には、公民権運動、ヒッピー運動、市民運動、女性運動、ゲイ解放運動、環境保全運動などが含まれており、これらの多様性の容認が、意識の拡大につながるとされていました。
こうした文化革命を背景として生まれたポップカルチャーの音楽的象徴がロックなのです!

カウンターカルチャーの主な人物として、次のような人たちがいます。
ボブ・ディラン
ジェーン・フォンダ (ブライアンが好きな女優)
ジミ・ヘンドリックス (フレディが好きなギタリスト)
ジョン・レノンとオノ・ヨーコ
ジム・モリソン
グラハム・ナッシュ
ジャック・ニコルソン
アンディ・ウォーホール
ニール・ヤング
大島渚
横尾忠則

クイーンもカウンターカルチャーの影響を受けていたことがわかります。
カウンターカルチャーの中心となるヒッピームーブメントでは、保守的なキリスト教文明に批判的であり、自然の中での共同体を求めたり、東洋の哲学や宗教を学び、世界の聖地へ旅をしました。
ロックや野外フェス、男女平等、性解放、大麻などのドラッグ解禁、各種差別の廃止、有機野菜の促進などが行なわれました。
ベトナム戦争中だったので、徴兵や死を目の当たりにしたアメリカの若者にとっては、この運動は生命に直結する切実なものだったと思われます。
日本にもヒッピー運動は伝わり、私も新宿で長髪の日本人ヒッピーがギターを手に歌っているのを目撃しましたが、日本にとって反戦運動はそれほど切羽詰まったものではなかったように思います。

社会の主流派を嫌って各地を放浪し、自然体で生きようとした優しいヒッピーたちは、やがて大量消費社会の中で見失われて行き、ヒッピーは敗北したと言われました。しかしヒッピーの考え方は健在です。
実社会のなかで、ヒッピーが求めたユートピアが訪れることはありませんでしたが、その憧れは21世紀において、サブカルチャーにとどまらず、欧米の主流文化の中で、より一般化されたものとなりました。
アップルをはじめとしたアメリカ西海岸のコンピューター文化、ロックや美術、文学、舞踏、アニメといった大衆文化、ヴィーガニズム、菜食主義などより自然志向の食文化、東洋的な精神への関心は高まりつづけています。

まとめると、フレディはポップカルチャーを中心にしつつ、ハイカルチャーのバレエやオペラを愛好した。
ロックはハイカルチャーに対するカウンターカルチャーとして生まれたが、今や社会的に広く受け入れられるメインカルチャーになっている、ということですね。
どこかに偏らずに横断的に広く受容されたロックが、時代によりまた変容していくところが面白いですね。
それにしてもカウンターカルチャー(対抗文化)だったロックが、大衆化して牙を抜かれてしまったので、また新たな対抗文化が出てくると面白いのですが。

ハイカルチャーのオペラ歌手と共演!
オペラと共演

ハイカルチャーのバレエと共演
バレエと

カウンターカルチャーのロックだよ!
カウンターカルチャー

ポッブスシンガーです
ポップスシンガー

今やメインカルチャーなのだ!
黄色いメインカルチャー
フレディの七変化ですね!








メルクリウス(マーキュリー)の羽つき帽子

西洋絵画には、メルクリウス(マーキュリー)を描いたものがあります。
メルクリウスは、羽がついた帽子を被っています。
私はメルクリウスの絵を見ると、わ〜いフレディだ ! と思ってしまうビョーキにかかっています。

これは子供のメルクリウス(マーキュリー) レノルズ作。
子供のメルクリウス

フレディは「マーキュリースーツ」という衣裳を作るほど、マーキュリーにはこだわっていたので、
帽子にも羽をつけたりしていました。
これはキラークイーンの帽子
キラークイーンの帽子

京都の平安神宮で撮ったもの。
この帽子はキラークイーンと同じものでしょうか?
これはいかにもマーキュリーらしい。
平安神宮の写真

この帽子は女性用のようです。メアリーの?
日除け帽のようで、リボンと飾りがついています。
このようにメンバーの中で、一人だけ帽子を被っていることがあります。
日除け帽子

これは珍しい。本当にフレディですか?
60年代風ですかね。
60年代風フレディ

他にも、40歳の誕生日パーティーで被っていた白いポンポンのついた帽子や、南米で被っていた大きなツバの帽子など、やはりフレディは被り物が好きなんだと思います。
良く見ると、野球帽やポリスの帽子らしきもの、ツノ付き帽子、レザーにチェーンの付いたものなど、本当に色々と被っています。
極め付きは例の「王冠」でしょう!

メルクリウス(マーキュリー)の帽子はペタソスといって、羽がついているので速さの象徴です。
これがあれば高く飛ぶことができます。
ペタソスは古代ギリシャでは羊毛で作られていましたが、次第に金属製の兜となり、「羽兜」はヘルメットと呼ばれるようになりました。
ヘルメットって、ヘルメスから来ているんですね。
フレディは帽子を被って、自由に飛ぼうとしていたのではないでしょうか?





西洋占星術でフレディを解読

イギリスでは、西洋占星術は日本よりも盛んです。
占星術の本場といっても良いでしょう。
「英国占星術協会」があり、ロンドンには占星術の専門店もあります。

フレディは占星術について、インタビューでは「信じていない」と言っていました。
(インタビューの字幕では「天文学」となっていましたが、正しくは Astrology 占星術もしくは占星学です。)

ところが実際には、自分の太陽星座「おとめ座」のルーラー(支配星)である水星を、自分の終生の名前にしたのですから、信じていないわけはないでしょう。
水星=マーキュリーです。

フレディは当初、名前をマーキュリーにする前は、プルートー(冥王星)にしようかと思っていたそうです。
プルートーはマーキュリーよりも絶大なパワーを持っています。
占星術に対する知識がなかったとは思えません。
もしプルートーにしていたら、フレディはもっと過激で、もっと破滅的な人生を歩んだことでしょう。

ちなみに、冥王星は現在、惑星から格下げされていますが、ブライアンは天文学者として、冥王星は惑星の方が相応しいと述べています。私も同意します。ブライアン、ありがとう!

ピーター・ヒンスの本によると、フレディはツアー中に、新聞に載っている星占いを見て、自分の星座の欄を読み上げたり、他の人の星座の欄も読んであげたりしていたそうです。
これは占星術ではなくて、星占いですから、あまり詳しい知識はなかったと思われます。

フレディの占星術チャートをもとに、主なところを解析します。
フレディの生まれ時間がわからないので、細かいことはわかりません。
(ネットに何種類かの生まれ時間が出ていますが、いずれもあまり信頼できないので、時間不明とします)

フレディの占星術解読
水のエレメントが無い
 宇宙は「火地風水」という4つのエレメント(元素)から成り立っています。
誰でもこの4つの組み合わせを持っているのですが、中にはどれかのエレメントが欠けている人がいます。
フレディは「水」が欠乏しています。
水は、人間の感覚、感情、共感などを表すので、水がない人は、他人の感情に共感することが苦手です。
自分の感情がないわけではなく、自分の感情は豊富なのですが、他人の感情に同化することはありません。
これは家族や親しい人から見ると、冷たい人と思われるかもしれません。

本人は、無意識に水の欠乏を感じます。
すると足りないものを補充しようとして、とても水が豊富な人のような行動をとることがあります。
自分が持っていないものを他人が持っていることを感じると、それが危機意識となり、生存本能に直結します。
ときに強い劣等感となり、それを克服するために必死に頑張ることになります。
それでやりすぎ感が目立つこともありますが、どこかピントがずれていると思われたりします。

人は誰でも、自分にないものを求めます。
フレディはいつも強く愛を求め、愛の歌を歌いました。
すごく水が豊富な人のように見えて、じつは自分に足りないものを求めていたのですね。

愛情や共感への強い必要性を覚えるので、多くの人と感情的なつながりを求め、
大きな理想や博愛精神を要する仕事を望みます。
これがスタジアムロックになったのですね。

太陽ノーアスペクト
フレディの太陽にはアスペクト(他の天体との角度)がありません。
孤立した太陽です。
太陽は自分の自我、人生を表しますが、他の天体との関係を持っていないと、自分の表現方法がわかりません。
フレディは金星が強く、品位の高い(ディグニティ)金星が、火星・木星とコンジャンクションしているため、金星を使って仕事をし、自己表現を行なっていました。
金星は音楽、美術、金銭、快楽などを表しています。
しかし太陽には出口がないので、金星との間に隔たりがあり、本当の自分と、金星の自分との間にズレを感じています。

また、太陽を押し出していく対象をもたないような形なので、方向性が自分に向かい、自分自身をテーマにする人もいます。
つまり、自分を必要以上に押し出して、目立とうとするのです。その場合は周囲から浮いた自己主張の表現になります。

太陽にアスペクトがないと、人の常識的な考えがわからず、人の感情もよく理解できなくなります。
自信が持てない人もいます。
流れに乗ることによって人生が開けますが、付き合う相手によって、自分も変わります。
相手の望んでいることを言ってあげたりして、対等な人間関係が築けなくなりがちです。
人から利用されたり、軽く扱われたりすることも。
周りの人に振り回されるので、目的が変わりやすい。

太陽ノーアスペクトは、孤高の生き方に憧れます。
またその反面、過剰なほどに自己を押し出すことがあります。
太陽は主体性を表すので、過剰になると暴走します。
0か100かの生き方になります。
他人と状況に影響されやすいので、思わぬ展開から大ブレイクすることがあります。
周りから担ぎ出されます。
どこからでも人生を再生できます。
恥ずかしいぐらい自己主張が派手になる人もいます。

また太陽ノーアスペクトは、父親との関係が薄いことも表し、
自分の男性性をうまく発揮できないので、ゲイになりやすいとも言われます。

太陽のサビアンシンボル
太陽おとめ座13度 「政治運動を制圧する強い手

この度数は、カリスマ的な指導力や、支配力、リーダーの素質があります。
強い意志で努力する人、精神的に強い人です。
人を惹きつける話し方で、人から信頼され、頼りにされます。
管理能力に優れ、しっかりしています。

カオス(混沌)をコスモス(秩序)に変える力を持っています。
ざわざわした集団や、反抗的な人々に対して、強くけん制し、落ち着かせることができます。
人々に影響を与えるような、類まれな指導力を持っています。

これって、フレディがスタジアムで「エ〜オ」している時の姿、そのままですよね。
なんと占星術の通りになっていたとは。

★次に人生の流れを見ます。
1964年 
出生の太陽と、経過の冥王星の合。 65年に出生の太陽と、経過の天王星の合。
強制的な変化、破壊的なことが起こります。
この時、ザンジバルで革命が起こり、フレディ一家は難民となり、ロンドンへ移住します。

1975年 
出生の海王星に、進行の太陽と、経過の冥王星が合。
クイーン2や、シアーハートアタック、オペラ座の夜の頃です。
フレディは神話や宗教の世界、神秘的なことや芸術などにのめりこんでいます。
この時期に出会う人を美化し、神格化します。

1976年 
出生の太陽と、進行の冥王星の合。進行の太陽と、経過の冥王星の合。
決定的な変化が起こります。驚異的な成功をもたらします。
華麗なるレースの頃で、突然タイツ姿になります。
7年 世界に捧ぐ、78年 ジャズの頃にレザースタイルとなる。

1979年 
出生の火星と、経過の冥王星の合。
生命力と性欲が最大となる。大胆な行動に出る。仕事に熱中する。
レザースタイルで火星を目指すロケットになり、空が赤く燃えていた頃。
ドントストップミーナウのことね。
ただし冥王星は未知のウィルスも含み、この頃HIVに感染したと思われる。
80年、ザ・ゲームでついにヒゲスタイルになる。

1983年 
出生の金星と経過の冥王星の合
恋人を深く愛する。83年というと、ウィニー・キルヒベルガーのことか。
82年 ホットスペース、84年 ワークスで、恋愛街道をひた走っていた頃。
またこの頃は、出生の太陽と、進行の土星の合や、出生の金星と、経過の土星の合もあり、
失恋したり、孤独を感じていた。
85年に「Mr.バッドガイ」
85年〜88年には最もマッチョとなる。
85年からガーデンロッジに住み始める。

1987年頃 
出生の月と、経過の天王星の合。
(出生時間不明なので、月の度数を特定できない)
生活や健康に大きな変化がある。この時エイズ発症。
89年 ザ・ミラクル。

1991年  
「イニュエンドウ」
11月24日 出生の太陽と経過の木星の合。出生の金星・木星と、進行の太陽の合。
これは大変幸運な星の組み合わせで、愛情やお金に恵まれます。
結婚適齢期の人は結婚します。または不動産などを手に入れます。
フレディはとても幸せな満ち足りた気持ちの中で、この世を去りました。
それまでの闘病では苦痛なこともあったけれど、死によって肉体から開放されました。
フレディにとっては、死は喜ばしい祝福でした!
星を読むことによって、それがわかって良かったです!
おめでとうフレディ! 

〔まとめ〕
こうしてみると、フレディは星の影響を強く受けていて、星の通りに生きた、じつに素直な人だったことがわかります。
普通の人は、家族や仕事の人間関係のしがらみがあり、あまり自由には生きられないものですが、フレディは徹底したリベラリストで個人の自由に生きることができたので、星の影響もまた鮮明に現れることになったのです。
とくに1964年〜65年の、ザンジバル革命による移住や、
1975年〜76年の、クイーンの驚異的な成功、
1979年の、過剰な行動力による病気感染、
1987年の病気発症、
1991年の幸せな大往生が、あまりに鮮明に現れているので驚きました。
フレディは最大限に星を使役し、星を生ききったのだと思います。

フレディ27歳
27才のフレディ。この頃が一番好き。未来への希望に溢れているから。


       
       




       
       
       


フレディは鬼門に凶相の池を作ってしまった

フレディが住んでいたガーデンロッジの写真がある。
これはかなり上方から撮影していますが、どうやって撮ったのか? ドローンかな?
ガーデンロッジ上から

私は実際にガーデンロッジの前まで行ったことがあるのですが、
まず初めに気がついたのは、この家が北側を向いて建っていることでした。
私たち中国〜日本系の考え方では、家というのは北を背にして南向きに建てるのが基本です。
それがガーデンロッジは逆に南を背にして北を向いており、従って雰囲気が暗いのです。
南イタリアなど、陽光が強すぎる地域では、太陽光を避けることもあるでしょうけれど、ここは北緯51度のロンドンです。
1月の日の出から日没までは、8時間程度しかありません。
これが第1の謎です。

第2の謎は、画面左下に黒く見える大きな池です。
この池を見ると、私は今でもぞっとします。
なぜこんなところに池を作ったのか?
正確に測ったわけではありませんが、この池は建物から見て東北の方角にあります。
東北は鬼門と言われ、清浄に保たなければならない場所です。
そもそも個人宅の庭に池を作るものではないと言われています。
池を作ると湿気が多くなり、虫が発生したり、澱んだりすると、住人の健康に悪影響を与えます。
とくに鬼門にある池は大変な凶相であるとされています。

敵を滅ぼすときは、黙って相手の鬼門に池を掘れ、と言われるぐらいです。
フレディは自ら墓穴を掘ってしまいました。

鬼門に池があると、住人が病気になりやすく、経済的にも良くない影響があり、家運が衰退するとされています。
皇室に仕えていた陰陽師の土御門派では、鬼門に池があると次のようなことがあると伝承されています。

夭寿(若くして死ぬという意味)、変死、破財、損失、不忠、不孝、縁談の破れ、女難、剣難、奴僕育たず、出奔、乱心、淋症、痔漏、疳症、足腰の病(洛地準則)

なんと、鬼門に池があると、その家の主人が若くして死ぬか、変死するというのです!

この池は1986年の4月〜10月にかけて作られましたが、フレディのエイズが判明したのは1987年の春でした。
だから、もしこの池さえ作らなければ、フレディはもっと長く生きたのにと思わずにはいられないのです。
池を作りたいと思ったのはフレディ本人ですから、他の誰のせいでもありません。
でもフレディか、他の誰かが「鬼門の池」の知識を持っていたら、こんなことにはならなかったのに!

庭に池を作るならば、東南にするか、建物から50メートル離すか、小さい池にした方が良いそうなのですが、
この池は余りにも大きくて、全長10メートルもあるのです。
どうしても池の影響から逃れるわけにはいきません。

フレディは自ら庭の東北に池を作り、命を縮めてしまった。
でもそれは、フレディが早く魂の故郷へ帰る必要があったからなのだろうか?
早死にフレディ

フレディは池を作った時に「充実した人生を送ってきたから、もし明日死んだとしても悔いはないよ。探していた居場所をようやく得たというところかな。自宅のすばらしい日本庭園に・・・最近鯉を入れたのさ。すごく気に入っている」と言っていました。
自宅に楽園を作り上げたフレディですが、それは天国へ通じていたのかもしれません。
フレディの日本庭園
フレディ邸の日本庭園

プロフィール

楽園のペリ

Author:楽園のペリ
1975年、初来日の武道館でクイーンを体験、フレディのファンになる。長らくクイーンのことは忘れていたが、映画を見て思い出し、フレディについて研究するうち、ついにロンドンのガーデンロッジや、モントルーのクイーンスタジオまで行ってきました!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR