FC2ブログ

フレディは鬼門に凶相の池を作ってしまった

フレディが住んでいたガーデンロッジの写真がある。
これはかなり上方から撮影していますが、どうやって撮ったのか? ドローンかな?
ガーデンロッジ上から

私は実際にガーデンロッジの前まで行ったことがあるのですが、
まず初めに気がついたのは、この家が北側を向いて建っていることでした。
私たち中国〜日本系の考え方では、家というのは北を背にして南向きに建てるのが基本です。
それがガーデンロッジは逆に南を背にして北を向いており、従って雰囲気が暗いのです。
南イタリアなど、陽光が強すぎる地域では、太陽光を避けることもあるでしょうけれど、ここは北緯51度のロンドンです。
1月の日の出から日没までは、8時間程度しかありません。
これが第1の謎です。

第2の謎は、画面左下に黒く見える大きな池です。
この池を見ると、私は今でもぞっとします。
なぜこんなところに池を作ったのか?
正確に測ったわけではありませんが、この池は建物から見て東北の方角にあります。
東北は鬼門と言われ、清浄に保たなければならない場所です。
そもそも個人宅の庭に池を作るものではないと言われています。
池を作ると湿気が多くなり、虫が発生したり、澱んだりすると、住人の健康に悪影響を与えます。
とくに鬼門にある池は大変な凶相であるとされています。

敵を滅ぼすときは、黙って相手の鬼門に池を掘れ、と言われるぐらいです。
フレディは自ら墓穴を掘ってしまいました。

鬼門に池があると、住人が病気になりやすく、経済的にも良くない影響があり、家運が衰退するとされています。
皇室に仕えていた陰陽師の土御門派では、鬼門に池があると次のようなことがあると伝承されています。

夭寿(若くして死ぬという意味)、変死、破財、損失、不忠、不孝、縁談の破れ、女難、剣難、奴僕育たず、出奔、乱心、淋症、痔漏、疳症、足腰の病(洛地準則)

なんと、鬼門に池があると、その家の主人が若くして死ぬか、変死するというのです!

この池は1986年の4月〜10月にかけて作られましたが、フレディのエイズが判明したのは1987年の春でした。
だから、もしこの池さえ作らなければ、フレディはもっと長く生きたのにと思わずにはいられないのです。
池を作りたいと思ったのはフレディ本人ですから、他の誰のせいでもありません。
でもフレディか、他の誰かが「鬼門の池」の知識を持っていたら、こんなことにはならなかったのに!

庭に池を作るならば、東南にするか、建物から50メートル離すか、小さい池にした方が良いそうなのですが、
この池は余りにも大きくて、全長10メートルもあるのです。
どうしても池の影響から逃れるわけにはいきません。

フレディは自ら庭の東北に池を作り、命を縮めてしまった。
でもそれは、フレディが早く魂の故郷へ帰る必要があったからなのだろうか?
早死にフレディ

フレディは池を作った時に「充実した人生を送ってきたから、もし明日死んだとしても悔いはないよ。探していた居場所をようやく得たというところかな。自宅のすばらしい日本庭園に・・・最近鯉を入れたのさ。すごく気に入っている」と言っていました。
自宅に楽園を作り上げたフレディですが、それは天国へ通じていたのかもしれません。
フレディの日本庭園
フレディ邸の日本庭園

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

楽園のペリ

Author:楽園のペリ
1975年、初来日の武道館でクイーンを体験、フレディのファンになる。長らくクイーンのことは忘れていたが、映画を見て思い出し、フレディについて研究するうち、ついにロンドンのガーデンロッジや、モントルーのクイーンスタジオまで行ってきました!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR