FC2ブログ

フレディが愛した伊万里焼はヨーロッパを席巻した高級品質磁器

フレディは伊万里焼きのコレクターでした。
伊万里焼きは、日本が世界に誇る焼き物です。

伊万里焼は、豊臣秀吉が朝鮮出兵を行なった際に、朝鮮から多くの陶工を日本へ連れ帰り、佐賀県の有田で磁器を作らせたことによって始まります。

陶器と磁器の違いについては、陶器の材料は土ですが、磁器の材料は石の粉であり、石の粉に粘りを与えるために粘土を混ぜて使います。陶器を叩くと鈍い音がしますが、磁器を叩くと金属的な明るい音がします。

中国では紀元前から磁器の製造が始まっていましたが、日本では中世までの焼き物は陶器であり、磁器は輸入品に限られていました。日本で初めて磁器が作られたのは17世紀の有田です。

「有田焼き」と「伊万里焼き」についてですが、佐賀県の有田地域で作られた磁器は、品質の高さが海外に知れ渡り、伊万里港から輸出されるようになったため、「有田焼き」「波佐見焼」「鍋島焼」などが「伊万里焼き」と呼ばれるようになりました。
つまり「有田焼き」と「伊万里焼き」は同じものです。

「有田焼き」は普段使いの普及品から、皇室献上の特級品までがあり、私たちの家庭にもごくありふれたものとして使用されています。ですから外国人が「伊万里焼き」を珍重することに不思議な感覚を抱いてしまいますが、「伊万里焼き」には現代の焼き物と、江戸時代に作られた「古伊万里」の2種類があります。骨董品として貴重なのは、この「古伊万里」です。
古伊万里
フレディが好きなのは、この手の「古伊万里」でしょう。

古伊万里金襴
これは古伊万里様式の金襴手と呼ばれるもの。秀吉が好きそう。

17世紀後半になってから、オランダ東インド会社によりヨーロッパー持ち込まれた「柿右衛門様式」と言われる有田焼きは、ハプスブルグ家やブルボン家、ハノーバー家の大貴族たちの間で絶大な人気を誇ってきました。
ヨーロッパ磁器界トップに君臨しているマイセンは、ドイツ(ザクセン王国)のアウグスト王が、日本のように優れた磁器を作るように命じたことから始まりました。
柿右衛門様式
柿右衛門様式

私もヨーロッパの名窯のティーカップを少々コレクションしていますが、いろいろと手に取ってみて、やはり日本の磁器の方が品質が優れていることを実感しました。
日本の磁器がヨーロッパの王侯貴族に与えた影響は絶大だったのです!
とくに古伊万里はオールド・イマリとして、世界中に熱烈になコレクターが存在します。
そすがフレディは目が高いですね!
フレディが愛した伊万里焼とは、オールド・イマリのことと思われます。
きっとヨーロッパのお城や邸宅で、日本のオールド・イマリを目にしたのでしょう。
古伊万里皿
古伊万里皿

オールド・イマリは骨董品なので値が高く、なかなか庶民には手の届かないものですが、
有田では毎年5月の連休と、秋にも陶磁器の市が開かれ、沢山の人出で賑わいます。
そこでは手頃な値段の掘り出し物などもありますから、見物に行くと面白いですよ!
私もアリタ=イマリが好きなので、市の時ではありませんが、3回ほど有田へ行ったことがあります。
有田には沢山の製造元があり、窯の煙突があちこちに見られます。
その光景は日本ではないような、今でも朝鮮の雰囲気が残された不思議な界隈となっています。
有田市

創業325年を誇る有田の「香蘭社」は、デパートの食器売り場でもよく見かけるので、身近に眺めることができます。
1894年に香蘭社から分かれた「深川製磁」は、1900年のパリ万国博で金賞を受賞し、皇室にも献上品を贈っています。

日本の磁器の特徴は、「白い」こと!
その抜けるような白く滑らかな輝きは、ヨーロッパの王侯貴族たちの賛嘆の的となりました。
焼成温度が高いので、薄く軽く、硬度が高いのも特徴です。
やはり世界を回っても、これほど上質な美品にはなかなかお目にかかれないので、私も「深川製磁」のものなどを愛用しています。
しかしオールド・イマリは、フレディのような富豪じゃないと・・・!

ちなみに、フレディが使用していた「ノリタケ」は、有田=イマリではなく、1904年創業の名古屋の陶磁器メーカーです。
生産量は世界最大級で、明治から戦前にかけて欧米へ大量に輸出されました。
ノリタケは欧米で絶大な人気を博し、戦前までのものは「オールドノリタケ」として、世界の陶磁器愛好家がコレクションしています。
アールデコを基調としたデザインが大量に作られた時期もあり、アールデコが好きなフレディとしては、外せないアイテムだったことでしょう。
ノリタケの子会社に「大倉陶園」があり、高級磁器を皇室などに収めています。
フレディのノリタケ
フレディのノリタケ。どうして裸で飲んでるの?

フレディは日本びいきでしたが、とりわけ好きだったのは伊万里をはじめ日本の美術工芸と、日本庭園など「日本の美」でした。
また、あまり本を読まないフレディが「五輪書」を読むなど、「日本の精神」に興味がありました。
欧米の文化人、知識人たちは日本文化を良く知っており、高く評価しています。
案外、日本人である私たちの方が日本文化を良く知らず、軽視している面があるので、私たちももっと日本文化を大切にしていきたいものだと思います。





スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

楽園のペリ

Author:楽園のペリ
1975年、初来日の武道館でクイーンを体験、フレディのファンになる。長らくクイーンのことは忘れていたが、映画を見て思い出し、フレディについて研究するうち、ついにロンドンのガーデンロッジや、モントルーのクイーンスタジオまで行ってきました!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR