FC2ブログ

放蕩息子の帰還

フレディについて、「悪魔学」「ファウスト博士」「神曲」と来ると、次に思い浮かぶのは「放蕩息子の帰還」なのです。
「放蕩息子の帰還」はキリスト教の話ですが、ルーツはもっと古い昔にあります。

「放蕩息子の帰還」の物語。
⭐︎ある人に、二人の息子がいました。
弟が父親に財産を分けて欲しいというので、分けてやると、弟は家を出て遠いところへ行き、そこで放蕩に身を持ち崩して財産を使い果たし、食べるものにも困るようになってしまいました。

⭐︎そこで弟は父親を思い出し、父のところへ帰ることにしました。
弟は父親から息子と呼ばれる資格はないと思っていましたが、家に帰ると父親は大喜びをして弟を抱きしめ、最上の着物を着せて、指輪を嵌め、履物を履かせ、ごちそうを食べさせました。
「もう死んだと思っていた息子が生き返り、いなくなっていたのに見つかったから」と父親は喜びました。

⭐︎すると兄は驚いて、自分は今まで父親にずっと仕えてきたのに、どうして放蕩の限りを尽くした弟ばかりを歓待するのか、不平を言いました。
父親は兄に「あなたはいつも一緒にいるし、私のものは全部あなたのものだ。しかし、あなたの弟は死んでいたのが生き返り、いなくなっていたのに見つかったのだから、喜び祝うのは当たり前である」と言いました。

▶︎この放蕩息子は、イスラエル民族の姿であるとも言われますし、ユダヤ人にとっての異邦人である私たちを指しているとも言われます。私たちは放蕩息子のように神から離れ、自分の欲望のままに生きてきました。

▶︎父親は、息子たちの人生を自分で選ぶ自由を与えています。
気前よく財産を分けてやり、息子が遠くにあれば、息子の帰りを待ちわび、息子が帰ってくると彼の罪をとがめることなく、最高のもてなしと共に、大喜びで自分の息子として迎え入れます。

▶︎父親が表す神は、人々に自分の人生を選ぶ自由を与えていますが、その結果は自分が刈り取ることになります。

▶︎兄息子は、父親と共に住んでいても、彼の心には平安も喜びも感謝もありませんでした。
兄は自分を正しい人だと思っていましたが、偽善と強欲に陥ってしまっていたのです。

「お父さん、ごめんなさい」「よしよし、フレ坊や」
放蕩息子の帰還

私はキリスト教徒ではではありませんし、いかなる宗教や団体にも属していません。
ただ西洋文化の理解のために、聖書の話を引用しています。
これは聖書に載っている話ですが、もともとは古代オリエントの伝承に由来しています。

「放蕩息子の帰還」といえば、どうしてもフレディを思い浮かべてしまいます。
フレディは父親の元へ帰ることはありませんでしたが、亡くなってから天の主の元へ還ったことでしょう。
ゾロアスター教ならばアフラ・マズダーですね。
フレディはアフラ・マズダーから沢山の財産を貰い、遠い地球へ旅をして来ました。
財産とは、音楽の才能や、恵まれた容姿、身体能力、知力、感性などですね。
そして自分の選択で放蕩をするうちに、財産を無駄遣いしてしまいました。
財産とは、自分の本質や存在という意味もあり、自分自身を傷つけてしまったことになります。
自分で蒔いた種は自分で刈り取ることになり、人生の半ばでこの世を去りましたが、それもメイド イン ヘブン(生まれる前に決められたこと)だったのかもしれません。
フレディは地上で楽しく遊んでいるうちに、自分の目的を忘れ、享楽的になってしまいましたが、病気がわかってからは自己の人生の目標をしっかりと定め、音楽家の人生を全うしました。
亡くなった後は、ちょっと地獄で遊んだりしながら、天のアフラ・マズダーを目指して山を登っているでしょうか。
天の神の元へ戻れば、きっと神は大喜びでフレディを迎え、ご馳走をして、ご褒美をくれることでしょう。
遠い地球まで行って、本当に良くがんばった、多くの人を楽しませたな、と言って。

「放蕩息子の帰還」は、ディアギレフの依頼により、プロコフィエフがバレエ音楽を作曲し、1929年に初演されました。
1980年代にはバシリニコフによって再演され、熊川哲也も踊っています。
熊川哲也は、1989年に英国ロイヤル・バレエ団に東洋人として初めて入団、同年17才でソリストになりました。1993年にはプリンシパルになります。
バレエが好きなフレディも、熊川哲也のバレエを見たでしょうか。

プロコフィエフのバレエ音楽「放蕩息子」
プロコフテエフ 放蕩息子




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

楽園のペリ

Author:楽園のペリ
1975年、初来日の武道館でクイーンを体験、フレディのファンになる。長らくクイーンのことは忘れていたが、映画を見て思い出し、フレディについて研究するうち、ついにロンドンのガーデンロッジや、モントルーのクイーンスタジオまで行ってきました!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR