FC2ブログ

ロイヤルアルバートホール

インペリアルカレッジからハイドパークの方向へ行くと、ロイヤルアルバートホールがあります。
1871年に建設されてから150年の間、コンサートやスポーツなどが行われている、収容人数7000人ぐらいの巨大なホールです。
丸い形をしているので、飛行機から見ても、すぐにロイヤルアルバートホールだとわかります。
ロイヤルアルバートホール

フレディの生前、クイーンがここで演奏することはありませんでしたが、フレディは何度もここへ通ったことでしょう。
そして1985年にフレディとジェーン・シーモアが登場したファッションエイドは、ここで行なわれました。
ファッションエイドの後のパーティーで、フレディとジェーンは結婚式の衣装のままだったので、アメリカ人観光客が「ジェーン・シーモアの新しい夫はフレディ・マーキュリーなのか!?」と驚愕したというのは、ほほえましいエピソードですね。
ファッションエイド

ピートルズは1967年にここで演奏しています。
クイーンはフレディの死後に、ここで演奏したので、フレディはきっと一緒にステージに立ちたかったでしょうね!
ホールの内部は、やっぱり丸い。
ロイヤルアルバートの中


ホールの場内です。夏の音楽祭が行われていたので、コンサートを聴きました。1階アリーナは立ち見です。
ヨーロッパでは、コンサートの前後によく食べる。聴くだけではなく、食べたり人と話すことを楽しんでいます。
人々は音楽を大切にし、生活の中に溶け込んでいます。
ロイヤルアルバートの場内


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

楽園のペリ

Author:楽園のペリ
1975年、初来日の武道館でクイーンを体験、フレディのファンになる。長らくクイーンのことは忘れていたが、映画を見て思い出し、フレディについて研究するうち、ついにロンドンのガーデンロッジや、モントルーのクイーンスタジオまで行ってきました!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR