FC2ブログ

Keep Yourself Alive!

新型コロナの脅威が迫ってきました。
東京では「感染爆発」の重大局面にいるという注意喚起です。
東京オリンピックが延期になった途端、感染者数が急に増え始めるというのは、今まではオリンピック開催のために数字を低くしていたんじゃないの?と考えるのが自然ですが。
海外渡航もレベル2の「不要不急の渡航は止めてください」ですが、まだレベル3の「渡航中止勧告」や、レベル4の「退避勧告」ではないので、特別な注意を払えば渡航できる段階です。
でもなるべく渡航はやめましょう!
欧米の状況を見ると、新型コロナを軽く考えることはできません。
自分の身を守ることも大事ですが、他人に感染させないことも大切です。
東京が封鎖されれば、日本中が甚大な被害に見舞われることになるでしょう。
緊急事態宣言が出されれば、私たちも大変な不自由を強いられることになります。
どうかここで踏みとどまれるように、一人一人の努力で切り抜けましょう!
とくに若い人たちは油断しないで、命を大切にしてくださいね! Keep Yourself Alive!!

それではここで、心が和む写真をお送りします。
街角のクイーン
これはとても懐かしい感じがする一枚。
70年代ですね〜
こんな若者がいる街角ってすごい。

次は究極の一枚。
究極の一枚
時空を超えたブライアンとフレディ。
この場面で、フレディの歌に合わせてブライアンはギターを弾いています。
まさに時空を超えた共演!
この後、ブライアンは涙を拭うんだよね。
(念のために説明しますと、これは2020年のブライアンと、1986年のフレディの映像です)

ブライアンとロジャーは、いまロンドンで自宅待機させられているけれど、
こんな時だからこそ、何かできることはないかと、ブライアンは自宅で「マイクロコンサート」を、
ロジャーはインスタで「ドラム教室」を展開しています。二人とも偉いなあ。
本当に「手を取り合って」がんばろう!

次は、すてきな一枚。
すてきな一枚
まだ70年代、ガーデンロッジを手に入れた頃かな。
フレディ、私たちを見守ってくださいね。



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

楽園のペリ

Author:楽園のペリ
1975年、初来日の武道館でクイーンを体験、フレディのファンになる。長らくクイーンのことは忘れていたが、映画を見て思い出し、フレディについて研究するうち、ついにロンドンのガーデンロッジや、モントルーのクイーンスタジオまで行ってきました!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR