FC2ブログ

「ドラァグ・クイーン」フレディの性自認は?

ドラァグクイーンとは何か? 調べてみました。
フレディのおかげで、初めて知ることは多い。

これはグレートプリテンダーのコーラスで、ウ〜ウウ〜ウと言っているフレディとロジャーと、ピーター・ストレイカー。
この3人はコーラスガールなのかと思っていたのですが、そうではなく「ドラァグクイーン」なのですね。
ドラァグクイーン

ドラァグクイーンとは、派手な女装をした人のことで、男性が理想とする女性像を過剰に演出したものとされます。
もともとサブカルチャーとしてのゲイの文化の中から生まれたものなので、ドラァグクイーンの中にはゲイやバイセクシュアルの人が多くいます。
dragは、ドレスの裾を引きずることから来ています。
パソコン操作の「ドラッグ アンド ドロップ」の、ドラッグと同じことですが、薬物のドラッグと区別するために、「ドラァグ」と表記するようです。

ドラァグクイーンは、パフォーマンスとしての女装で、女性のパロディのようなものなので、トランスジェンダーの人が女性と見られるために女性の衣服を身につけることとは違います。
ドラァグクイーンは、パフォーマンスまたは仕事としてしており、多くの場合、男性自認を持つ男性なので、パフォーマンスや仕事以外では男性の服装をしています。
ドラァグクイーンの男性たちは、女性になることを望んでいるわけではありません。

日本のドラァグクイーンには、マツコ・デラックス、ミッツ・マングローブ、ブルボンヌなどがいます。

こうして見ると、性の多様性というのは本当に複雑で、とてもLGBTQだけでは分けられないことがわかります。
性の分類法は色々ありますが、たとえば 「身体の性」「服装」「好きになる相手の性」「自認する性」の4つで分類する方法があります。
ストレートの男性では、この4つが「男」「男」「女」「男」となりますが、4つとも全て「男」という人もいます。
マツコ・デラックスは「男」「女」「女」「男」であるようです。
假屋崎省吾は「男」「男」「男」「女」であるようです。
はるな愛は「男」「女」「男」「女」であるようです。
それではフレディはどうなのでしょうか?
「男」「男たまに女装」「男ときに女」「男+女」といったところでしょうか?
フレディの性自認はどちらだったのでしょうね?
本人にもわからなかったのかもしれません。

なお、母親が妊娠中の胎児の性別決定についてですが、
ストレスのない正常な環境では、やや男児が多くなりますが、妊婦が受胎期にストレスが多いと、子宮が酸性化して女児が増えるといわれます。
フレディが誕生した1946年9月は、第二次世界大戦終結から1年後ですから、戦争直後の混乱期に受胎しています。
戦争中に生まれた子供は同性愛者が多くなるといわれますが、フレディも母親のストレスの影響を受けたのかもしれません。
そして、世の中に存在する多様な性は、母親のストレスの度合いによって、様々に変化しているのかもしれません。

 


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

楽園のペリ

Author:楽園のペリ
1975年、初来日の武道館でクイーンを体験、フレディのファンになる。長らくクイーンのことは忘れていたが、映画を見て思い出し、フレディについて研究するうち、ついにロンドンのガーデンロッジや、モントルーのクイーンスタジオまで行ってきました!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR