FC2ブログ

2020年12月、木星と土星の会合で「水瓶座の時代」へ

COVID-19以後の世界について、少しずつ見えてきました。
まだ終息までには2年かかるとか、数年かかるとか言われていますので、長丁場になるでしょう。
やはり短期間で戻ってしまうと、元と同じ世界になってしまうので、ある程度の移行期間が必要なのではないでしょうか?
COVID-19を私たちは乗り越えることができるので、その後について考えることもできますが、最近やたらと関東地方で地震が頻発していますし、世界で金融危機や食糧難も懸念されています。
そうなってくると、私たちには苦難の時期が続くでしょう。
でも私たちは必ずこの苦難を乗り越えられると信じて、協力しあっていきましょう!

2020年1月、山羊座で土星と冥王星が会合しました。
これは500年ぶりのことで、この時期にCOVID-19が出現したので、この会合が疫病を表すとされています。
3月に土星が水瓶座へイングレス(侵入)しました。

水瓶座の時代は、地域性や組織、社会の縛りから自由になり、より強力なネットワークの構築や、社会変革の時代になるとされています。
水瓶座は、人間性を重んじる高度な知性を象徴します。
自由と博愛の精神を持ち、抑圧されてきた本来のエネルギーを解放するように、知識や技術をオープンにします。
物質的な金権主義が権力を握った時代が終わり、人間性に基づいた時代へ移行します。

土星が水瓶座に入った3月ごろからテレワークが始まり、ロックダウン中の世界のアーティストたちが、自宅から動画をネットに投稿するようになりました。今ではアーティスト同士のオンラインでのコラボレーションも盛んに行われています。
このような国境や人種や宗教を超えたつながりは、まさに水瓶座のネットワークです。

そして2020年の12月22日、水瓶座で土星と木星の会合が起こります。
この会合は20年に1度起こるもので、その時代の世相を表すとされています。
まさに水瓶座(風の星座)の始まりなのですが、今までの土星と木星の会合は、1842年から土の星座で起こっていたので、じつに178年ぶりの大きな変化が生じることになります。
つまり私たちは「土の時代」から「風の時代」への変革の時代を生きているのです!

「土の時代」は物質を作り上げることを至上の目的としており、所有や占有が競われるので、時代としては戦争や利権争いが多くなります。
1842年からといえば、ちょうど産業革命からの資本主義の時代になりますから、あまりにも明確に形が現れていますね。
良い学校や良い会社に行きたい、お金持ちが偉い、沢山のモノが欲しいという時代でした。

「風の時代」は、土の時代に創り上げたものを壊し、山羊座の縦のヒエラルキーも崩していきます。
物質主義の限界を突破していくのです。
情報やコミュニケーション、ネットワークや文化のあり方が高度な形で移行していきます。
権威や権力に頼ることなく、精神的な基準から、主体的な選択をすることが最良の道になります。
未知なものほど成長の可能性が高い時代です。

「水瓶座の時代」(アクエリアン・エイジ)」という言葉は、ロックファンなら知らない人はいないでしょう。
ロック・ミュージカルの元祖といわれる「ヘアー」の中に、この歌詞が織り込まれており、水瓶座の時代は、自由で明るく人間らしい、とても素晴らしいものとして渇望されました。
オフブロードウェイで1960年代から上演されていたのですが、私も1980年の再演の時に、西武PARCOで見ました。
当時は、水瓶座の時代というのは、春分点が水瓶座に入る時と考えられていましたが、春分点の移動は72年に1度という、とてもゆつくりしたものなので、今だに春分点は水瓶座に到達していないようです。

それが今年の12月に、木星と土星が水瓶座で会合し、さらに2023年から冥王星が水瓶座へ移行して滞在が2045年まで続くので、これからが本当の水瓶座の時代になるということだったのです!
実際に、私たちはテレワークやオンライン授業、YouTubeの活用などで、新しい様々な生き方を見出しつつあります。
満員の通勤電車に乗らなくても仕事ができる、毎日学校へ行かなくても勉強ができる、遠くにいる人や海外の人ともネットで繋がることができる、ロックダウン下でも自宅で色々な活動ができる等、私たちは驚きと喜びをもって受け入れています。
私たちはいちど手に入れた新しい生き方を、COVID-19後も手放すことはないでしょう。
これからも様々な新しい試みが生まれてくるでしょうし、私たちも生み出していきましょう!
そう考えると、とても楽しいし元気が出てきますね!

ところでフレディは、風の星座が強い人でした。
金星・火星・木星の他に海王星も天秤座にあり、天王星も双子座なので、風の星座が5つになります。
風が多いと、情報通になり、知識が豊富です。フレディは色々な音楽ジャンルに詳しく、音楽だけでなく美術や文学にも精通していました。
風は通信やコミュニケーションに関係しますから、フレディも早口で良く喋り、人付き合いも多い。
そして風は移動や流動を意味しますから、フレディは常に世界を移動していて、晩年を除いて定住することはありませんでした。
何よりも風は自由を好み、束縛を嫌います。フレディは自分を束縛しようとする人を嫌ったでしょう。

風が多い人は、知的で精神的なタイプなので、人の感情はあまり実感できません。
他人から見ると冷たい人に見られがちですが、フレディは常に愛を求めていたので、理知的な冷たいタイプには見えませんね。
人間は自分にないものを強く求めるので、有り余る風を追いかける必要はなく、自分に足りない「水」を求めていたのでしょう。

フレディは天秤座が多いので、美男美女でセンスが良く、社交好き、恋愛好きなタイプになります。
恋愛の過程を楽しみますが、束縛されることは大嫌い。
しかも天秤座の金星・火星・木星は、天王星と120度なので、世間の常識を超えた恋愛の行動様式や、芸術センスを持つことになります。
風が多いので、常に新しい情報を取れ入れながら、身軽に世界を飛び回り、電気の録音技術を巧みに操り、人間関係では束縛されず、自由に楽しく生きた人だと言えるでしょう。
身軽なフレディ
身軽なんだよ

このようなフレディの生き方は、これからの水瓶座の時代には典型的になるのではないでしょうか?
自由にネットで世界を飛び回り、新しいネットワークを構築していきましょう!
そのためには一度、今までの世界を揺るがす必要があり、そのためにCOVID-19は現れたのかもしれません。



スポンサーサイト



ソーシャルディスタンス


ソーシャルディスタンス!

ソーシャルディスタンス

「クイーン空耳詰め合わせ」

連休中の皆様、いかがおすごしですか?
面白い動画を見つけました。

「クイーン空耳詰め合わせ」
https://www.nicovideo.jp/watch/sm23882806

抱腹絶倒です!
笑いすぎて涙が出ました。
ぜひ見てください!

わははは
わははは
プロフィール

楽園のペリ

Author:楽園のペリ
1975年、初来日の武道館でクイーンを体験、フレディのファンになる。長らくクイーンのことは忘れていたが、映画を見て思い出し、フレディについて研究するうち、ついにロンドンのガーデンロッジや、モントルーのクイーンスタジオまで行ってきました!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR