FC2ブログ

国境を越えた「ENDLESS REIN」

あけましておめでとうございます!
クイーンのYoutubeチャンネルに、紅白でブライアンとロジャーが参加したYOSHIKIの映像が投稿されました。
Yoshiki

LAの海辺でピアノを弾くYOSHIKIと、ロンドンのコロナ下でお馴染みのリビングルームからブライアンのギター、歌で参加のロジャーと、サラ・ブライトマン、そして東京のホールではベビーメタルやLISAなどが同時にコラボするという豪華な「ENDLESS RAIN」でした。
3カ国同時中継で、音楽は国境を越えてつながります。
上空から見れば、地球に国境はありません。
海を背景に、透明なピアノで奏でる美しく夢幻的な「ENDLESS RAIN」でした。
フレディが歌うのも聴いてみたかったですね。
すべての憎しみと悲しみを洗い流す永遠の雨が、心の傷を溶かし、洗い清めますように。
スポンサーサイト



みゅうオンライン「ブリティッシュロック 伝説のチャンピオンの軌跡をしのぶ」

今は海外旅行に行かれませんが、オンラインの海外旅行案内があります。
みゅう オンラインの「ブリティッシュロック 伝説のチャンピオンの軌跡をしのぶ」に参加してみました。
ロンドン在住の Tetsu Tajikaさんが、画像と動画で、フレディゆかりの地を案内してくれました。
実際に各地を訪れるわけではないのですが、考えてみれば1時間ぐらいの間に各地を移動することはできないわけですから、ロンドンと生で繋がっているだけでも楽しい経験です。
おりしもロンドンはロックダウン下なのですから、それでも開催していただけて感謝です!
オンラインツアーの参加者は46名でした。

・まず最初はウェンブリースタジアムで、ウェンブリーまでの行き方を、地下鉄路線図で教えてくれます。
言わずと知れたライブエイドの開催地ですが、フレディの追悼コンサートもここだったのですね。そしてもちろんサッカーの聖地です。
それがなんと今は解体工事中だとのこと!
1923年建設なので老朽化したためですが、近代建築というのは寿命が短いですね。
日本の法隆寺は、築1400年の木造建築ですからね!
現在のスタジアムは上部にアーチがありましたが、2002年の改築まで、つまりフレディの頃には、入り口正面に2本の立派な柱が立っていたことを写真で紹介してくれました。なかなかレアな情報ですね。
現在はもうアーチも撤去されています。
こんなことなら昨年英国へ行った時に、ウェンブリーに行っておけば良かったなあなどと思ったりして。
ウェンブリースタジアム

・次はハマースミス・オデオン。ロック・コンサートの聖地です。
クイーンが1975年、世界へはばたく直前のクリスマスに、ここでコンサートを行ないました。
今はDVDで、このコンサートを見ることができます。

・次にハマースミス・オデオン近くのパブ「ラトランド・アームス」。19世紀半ばから続くパブです。
映画「ボヘミアン・ラプソディ」のロケで使われました。
テムズ河沿いのテラス席の背景に、緑のハマースミス橋が見える景色が好きです。

・それからメトロポリス・スタジオ。
フレディがよく作曲に没頭していたスタジオで、「ヘッドロング」のMVにも使われ、最後のアルバム「イニュエンドウ」が録音されました。

・ハードロックカフェ1号店
世界中のハードロックカフェはここから始まった!
店内ではないが、フレディが所有していたアンティークの中国製椅子があります。

・いよいよガーデンロッジ!
フレディのお城だったけれども、ここに住んでいたのはわずか6年ぐらいで、しかもそのうち4年は闘病生活だったことが悲しい。

・そこから北へ徒歩10分ぐらいで、スタッフォード・テラス。
フレディが実家を出て、はじめて一人暮らしをしたところです。
今は他の方が住んでいますが、はじめての一人暮らしにしては立派なアパートに見えます。

・さらに北上してリチャード・ヤングのフォトギャラリー。
リチャードはクイーンの数々の名作写真を撮影しました。

・そしてノッティングヒルの「ザ・チャンピオン」というパブ。これは初めて見ました。
ここでよくたむろしていたフレディは、店名から「We are the Chanpions」を発案したというのです。
マーキュリーラウンジもある、フレディゆかりの隠れ家ですね。
ザ・チャンピオン

・サウスケンジントンへ移動して、レストラン「Shezan」
フレディが好きだったインディアン&パキスタニ レストランです。
アールズコートかと思っていたら、サウスケンジントンだったのですね。行ってみたいなあ。
ネットでは、フレディはインドで暮らしていたことを隠していて、話したがらなかったとされていますが、そんなことはありません。
よく友人たちとここへ来ていましたし、好きな食べ物は「インド料理」と言っていたのですから、べつに隠していたわけではなく、マスコミがあまりにもインドやアフリカのことをききたがり、「やはり暑くてヤシの木があるんですか?」と何度も言われて嫌になったと漏らしていますよね。
なんだかインド料理が食べたくなりますね〜
シェゼン

・最後はロック・フィールド・スタジオ。「ボヘミアンラプソディ」を含む「シアーハートアタック」が録音されたスタジオです。
なんとウェールズにある、元農場なのですね。広大な敷地があり、大自然の中に立地しています。
ベーゼンドルファー・ピアノがあり、フレディが「ボヘミアンラプソディ」で弾いていたピアノのようです。
屋根の上に風見鶏ならぬ「風見馬」があり、フレディはそれが風で揺れ動く様を見て、ポラプの最後のフレーズ Anywey the wind blowsを考えついたそうです。
3枚目のアルバムで、まだクイーンにはお金が入らず、なんと週給3000円ぐらいだったとか。
ロジャーはスタジオまで来るための交通費が工面できなかったので、借金をしてやっと辿り着いたというエピソードもあり、あのロジャーにもそんな時代があったとは・・・という感慨がよぎります。

 スタジオには当時の録音機材がそのまま残されており、まさに前世紀の遺物です! 未だにそんなものがあったとは!
デジタル化した現在では、全く使われていないものばかりです。
さすが古いものを大切にする英国なのだなあと感心しきり。
 そしてクイーン以外にも数々のミュージシャンがここで録音し、世界へ巣立って行きました。
そんな若い才能たちが花開いた場所であることを思うと、やはり心が震えます。
行ってみたいですね、ロックフォードスタジオ!

だから、オンラインツアーというのは、このようにツアーの良いところを小出しに見せて、いずれ本当の海外旅行に行きたいように誘惑するつもりなのですね!
まだコロナは続きそうなので、オンラインでオペラやバレエ、ミュージカルなどを見たいと思います!

とりあえず、メリークリスマス! YA!
サンタをムチ打っているように見えるけど?
メリークリスマスのフレディ





スティングが歌うジョン・ダウランド

ジョン・ダウランドのリュート歌曲を、スティングが歌っているというので聴いてみました。
ダウランド(1564〜1616)はイギリスの作曲家・リュート奏者で、シェイクスピアと同時代人です。

スティングの「Songs from the Labyrinth」は、なんとクラシックの殿堂グラモフォン・レーベルから発売されています。
聴いてみると、なるほどルネッサンス後期のダウランドは、イタリアオペラの声楽よりもスティングの方が合っていて、なかなか味のある歌唱です。
ダウランドはシンガーソングライターの元祖と言われる人で、シェイクスピア同様、現代に通じる感性があり、今でも流行りそうな印象的な曲もあります。それまで主流だった宗教曲は書かず、もっぱら世俗曲を作った人です。
ダウランドのライバルだったジョン・ジョンソンの曲が一曲だけ入っているのですが、これはアイリッシュがかっていて素敵な歌ですね。

まだギターがない時代ですから、伴奏はリュートですが、これがまた素晴らしい演奏で、昔の音楽とは思えない鮮やかさです。
アラブのウードが東へ行って日本の琵琶となり、西へ行ってリュート(ギターの先祖)になりました。

中でも目を引いたのが、スティングの演奏する「アーチリュート」です。
ネックが拡張されて「第2のネック」があります。
アーチリュート
ロンドンへ行った時、博物館でこの楽器を見て「なんじゃこれは?」と思ったのでした。
スタッフにきいてみても「これは古い楽器です」というだけでした。
調べてみると、これはテオルボの類似楽器だという。テオルボならきいたことがあります。
通奏低音用の楽器ですが、ネックが拡張されているために、重厚な低音から繊細な高音まで出るそうです。

それにしても演奏がめちゃ難しそうですね〜これは!
スティングのアーチリュート
スティングはちゃんと弾いています。すごい。
ダウランドの頃はこんな楽器だったのかと思いきや、17世紀のイギリスではアーチリュートではなく、イングリッシュ・テオルポを使っていたとのこと。昔の楽器は今のような規格がなく、百花繚乱なので難しい。

ダウランドの楽譜には、このようなものがあり、三方向に書かれています。
これはアルト、テノール、バスが3方向からテーブルを覗き込んで演奏するためのものですから、なんだか楽しそうですね。
ダウランドの楽譜

ダウランドのリュート歌曲は、4人の合唱とリュートの形式になっており、「合唱王国イギリス」の原型を見る思いがします。
英国ではこのような音楽が400年にわたって流れているうえに、現在のポップミュージックが生まれたのですから、古い音楽と新しい音楽は一直線につながっています。
そこが日本では大きく異なるところで、日本は明治になって西洋クラシック音楽が入り、1950年代以降にポップミュージックが輸入されたのですから、いわば取ってつけたようなもの。日本の伝統音楽とは大きな断絶があります。
ダウランドの「4人の合唱とリュート」といえば、まさにクイーンの原型ではありませんか?!
英国の音楽史と、現代のポップカルチャーは直系で継承されています。

クイーンの3人
そしてクイーンは生まれた。

フレディの場合は外地で育っているので、英国のナーサリーライムなどをどのくらい聞いたいたかはわかりませんが、アフリカやインドの音楽との混淆がかえって良い結果をもたらしたのかもしれません。
フレディがダウランドを聴いたかどうかはわかりませんが、同時代のシェイクスピアの戯曲から、登場人物の名前が「マーチ・オブ・ブラッククイーン」に引用されていますね。オベロンという妖精王と妃のティターニアです。
(オベロンの伝説は中世にまで遡ることができます)

スティングは社会活動に熱心なミュージシャンとしても知られていて、熱帯雨林の保護活動や人権保護の運動を行なっています。
ブライアンとも気が合うのではないでしょうか?

最近のスティング
最近のスティング



ローリーの一人ライブ

過日、ローリーさんの一人ライブを見ました。
往年のロックファンの方には、ローリー寺西と言った方がわかりやすいかもしれません。
ローリーは日本のグラムロックを代表するロックスターとされていて、クイーンファンとしても名高い方です。
バンド「すかんち」を解散後もソロで活動を続けており、テレビにも出ているので、ご存じの方も多いでしょう。
ローリーはギタリスト・ボーカリストで、好きなシンガーはフレディー・マーキュリーを筆頭に挙げており、好きなギタリストの中にブライアン・メイが入っています。
フレディーとブライアン
これですね。
つまりローリーは、フレディーとクイーンの後継者でもあるわけです。がんばれローリー!!

ローリーの羽スーツ
これはフレディーのマーキュリースーツを元にデザインされた衣装ですね。
いかにフレディーに心酔しているかがわかります。よくやったローリー!!

いま57才のローリーは、常にメイクを欠かさないので、インタビューでも「いつもローリーでいることに疲れませんか?」なんて言われていましたが、こうなったらもう貫いてください。
ただ、今年はコロナのために仕事が減り、事務所の月給が2万円になったと言っていたので、大丈夫かなあと心配になります。細身だしなあ。
結婚歴はなく、性別は「だいたい男」と言っているのが不思議なところ。
従兄弟の槇原則之は同性愛を公言していますね。

普通はこんな感じですね。
以前のローリー

ライブの最後に、シューベルトのアベマリアの替え歌を歌っていましたが、その歌詞は、地球で最後の一人になった男が、月面基地から地球を見ているというもの。
地球が最後に燃え盛り、焼き尽くされています。
ここですぐに思い浮かぶのは、ゾロアスター教の終末論です。
ゾロアスター教には、12000年周期の宇宙論があります。地球の終わりに善と悪の最終決戦が行なわれ、最終的には善が勝つので、地球は燃え盛る溶鉱に埋め尽くされ、善人も悪人も溶鉱に飲み込まれて浄化されます。この溶鉱は地獄にも流れ込み、すべてを焼き尽くしてしまうのです。
ローリーはゾロアスター教の終末を思い浮かべているのでしょうか?

そしてまた思い出されるのは、フレディの「メイドインヘブン」のPVです。
あの赤鬼のようなフレディが地球の上に乗り、地獄に落ちた人間たちがもがいている、ダンテの「神曲」を元にした演出ですね。
あのフレディは誰を演じているのでしょうか?
「神曲」に登場して地獄・煉獄・天国を巡るのは、ダンテ自身と案内役の詩人ウェルギリウスですが、どうもその二人ではなさそう。この二人が地獄の底で出会うのが、堕天使にして悪魔大王となったルシフェルですから、フレディが扮するのはやはりルシフェルだったのでは!?
なんと大魔王フレディ!!
大魔王フレディ

PVの終わりで、フレディが乗った地球の古い殻が割れ、中から新しい地球が誕生します。(古い殻が割れて落ちてくるところが、どうしても天岩戸開きに見えてしまう)
焼き尽くされた地球の跡から、新しい地球が再生する・・・ローリーもそんなことを考えているのでしょうか?

ゾロアスター教では、世界は光と闇の闘争の舞台であり、「天国と地獄」「最後の審判」「救世主」「至福の世界の到来と永遠の命」に関する教義を持っています。
これらはユダヤ教を通してキリスト教に受け継がれ、ほとんどキリスト教の根幹を成していますし、その後イスラム教にも受け継がれていきました。
世界の宗教の源流は古代ペルシャのゾロアスター教にあるのです。
日本人はこれらの教義を知らずに、なんとなく「八百万の神」や「おかげさま」などの性善説で生きていますから、「原罪」を持つ西洋人とはまるで意識のあり方が違います。
フレディを通してゾロアスター教や世界の宗教を理解することは、意義深いことに思いますがいかがでしょう。

ところで、ルカによる福音書21章11節によると、「大きな地震があり、方々に疫病が起こる」ことが終末のしるしであると教えています。
これは何か昨今のことのようにも感じられますが、疫病は今に限ったことではなく、これまでにも幾度となく人類を襲っていますので、まだすぐに終末が来るとは限らない・・・かもしれませんね。
100年前のスペイン風邪の犠牲者は数億人であったといわれます。コロナの死者は今のところ150万人ぐらいですから、まだ比較にならないぐらいの程度です。
メディアがとことん煽っていますが、どうか洗脳されませんように、着実に日々を生きていきましょう。
最後に善は勝つのですから。(ゾロアスター教では)

命日が過ぎましたが、なつかしのフレディ、置いておきます。
なつかしのフレディ






映画「恋するリベラーチェ」はフレディのモデルだったか?

2013年の映画「恋するリベラーチェ」を見ました。
リベラーチェは実在のポビュラーピアニストで、ポーランド系アメリカ人です。(1919〜1987)
アメリカでは博物館があるほどの有名人ですが、動画で聴いてみるとリチャード・クレイダーマンみたいな感じかな。
クラシック出身なのでテクニックがすばらしく、映画でも超絶なブギウギを披露すると、女性たちが悲鳴をあげます。
なによりもド派手な衣装がトレードマークで、プレスリーやエルトン・ジョンに影響を与え、1960年代から80年代にかけて活躍しました。

アメリカンドリーム〜
恋するリベラーチェ

リベラーチェとは、こんな人物です。
・優れた音楽的才能を持っている。
・アメリカのショービジネス界で成功を収め、富豪となり、豪邸に住んでする。
・ゲイなので、好みの男子を見ると自邸に住まわせ、身の回りの世話をさせている。
・大の犬好きで、犬を沢山飼っている。
・食べることとセックスが好きで、次に好きなのは「買い物」。恋人に車や洋服、宝石などをどんどん買い与える。
・全てを手に入れた男だが、心は孤独で愛を求めている。
・最後はエイズの合併症により亡くなりました。

なんだか、どこかできいたような話だなあと思いませんか?
そうそう、フレディと良く似ていますよね。
というか、プレスリーやエルトンに影響を与えたリベラーチェをフレディも知っていたでしょうから、フレディがリベラーチェの跡を追ったのかもしれません。
フレディが自邸に恋人たちを住まわせて、身の回りの世話をさせていたのは、実はフレディのオリジナルではなく、先人のモデルがあったわけですね。
フレディはハリウッドの豪邸に憧れていましたし、彼の生き方はそれほど突飛なものではなく、もしかしてショービジネス界のスタンダードだったのかもしれません。
フレディがだんだん普通の人に思えてきた今日このごろ。

ド派手なリベラーチェ(マイケル・ダグラス)
ド派手なリベラーチェ

リベラーチェに比べると地味に見えるフレディ
地味なフレディ

映画「恋するリベラーチェ」は、リベラーチェの恋人だったスコット・ソーソンの回想録というか、暴露本に基づいているものの、スコットは刑事事件を起こして収監中という人物なので、どこまでが事実なのかはわかりません。
若きスコットは、年のはなれたリベラーチェの恋人となり、豪邸で贅沢な暮らしをしながら、リベラーチェの運転手をつとめ、犬たちの世話をしています。(これもジム・ハットンを想起させる)
愛し合う二人はやがて倦怠期を迎え、リベラーチェの浮気をきっかけに別れてしまうのですが、スコットはリベラーチェの同性愛を暴露したり、(これもどこかできいた話) 訴訟を起こして慰謝料を請求します。そして支給された額が7万ドルというので、これもジム・ハットンやジョー・ファネリが手にした額と近く、これは弁護士が算定したものですから、セレブの手切れ金というのはだいたい額が決まっているのでしょうか。
解せないのは、スコットがエイズに罹患しなかったこと。映画では、スコットは受け身にならなかったことが伏線になっていますが、それでも感染しなかったのは不思議。

それにしても、お金持ちのやることというのは、どうしてこう似たり寄ったりになるのでしょう?
お金持ちになると高級車・豪邸・クルーザー・ジェット機などを手に入れ、恋人をはべらせてはいるが心は孤独、というのがお決まりのパターンですよね。
何かもっと壮大な夢はないのでしょうか?
・日本を買い取って、新しい国をつくるとか、
・化石燃料ではないフリーエネルギーを開発して、地球温暖化を食い止めるとか、
・新しいエルサレムの神殿を建てて、宗教闘争を無くすとか、
何かないのでしょうか。

これがリベラーチェ本人。
幸せな自由人らしい名前ですね。
リベラーチェ本人

リベラーチェは死の床にあった時、かつての恋人スコットを呼びよせ、「あの頃は幸せだった?」とききます。自分は「幸せだった」と。
まあこれは映画としてのフィクションではないかという気もしますが、心あたたまる最後ではあります。

思い出すのはチャップリンの言葉。
「人生は小さく見ると悲劇だが、大きく見ると喜劇である。」
プロフィール

楽園のペリ

Author:楽園のペリ
1975年、初来日の武道館でクイーンを体験、フレディのファンになる。長らくクイーンのことは忘れていたが、映画を見て思い出し、フレディについて研究するうち、ついにロンドンのガーデンロッジや、モントルーのクイーンスタジオまで行ってきました!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR