FC2ブログ

フレディは「道化」で「英雄」のトリックスターだ!!

「フレディは道化師である」という結論を書きましたが、実はその上にもう一段奥の結論があります。
それは「フレディはトリックスターである」という最終結論です!

トリックスター とは、神話や物語の中で、神や自然界の秩序を破り、物語を展開する者のこと。
善と悪、破壊と生産、賢者と愚者など、異なる二面性を持つのが特徴である。(Wikipediaより)

トリックスターは文化人類学や神話学で扱われる類型で、ユングも元型論に加えました。
トリックスターは光と闇の二面性を持ち、境界を突破して、これまで安定していた世界を破壊します。
そして神のように振る舞うこともあれば、突然に失墜することもあります。

日本のスサノオノミコトや孫悟空、またギリシャ神話のヘルメス(マーキュリー)もトリックスターと考えられています。
フレディはマーキュリーを名乗って以来、トリックスターとなることが運命付けられていたのかもしれません。
ヘルメス トリックスター

トリックスターは価値の転倒を行ない、天と地を結ぶ。
道化役を担い、王にもなるが没落する。
古い世界を破壊して波乱を起こすが、文化の発展を促す「文化英雄」とされることが多い。

フレディもお坊ちゃん育ちなのに、やたらとバッドガイになりたがり、しょっちゅうファックとかビッチと言っている。
フレディを「高貴で気高いあばずれ」と形容した人がいます。あばずれはビッチですね。

トリックスターは創造し、破壊する。贈与するが自分も受け取る。人を騙すが、自分も騙される存在。
彼は何も欲しない。彼は押さえつけられない衝動からのように、常にやむなく振舞っている。
彼は善も悪も何も知らないが、両方に対して責任がある。
道徳的、あるいは社会的な価値は持たず、情欲と貪欲に左右されているが、その行動を通じて、すべての価値が生まれてくる。
 
とてもよくフレディに似ているような気がする。

トリックスターは、「狡猾」「粗暴」「悪知恵」「愚かさ」などの特性を備え、決して道徳的に褒められる存在ではありません。
でも、その「道化性」ゆえに、境界を越えて幅広く行動するという特性をもち「英雄的偉業」を成し遂げることがあるのです。
やはり道化師なのですね。

ユングの『トリックスター』より
「彼は救世主の先駆者であり、救世主のように神であり、人間であり、動物である。彼は人間以下でも以上でもあり半神半獣的存在であり、彼の主な驚くべき特徴は、無意識である。そのため、彼は彼の(明らかに人間の)仲間から見棄てられるが、それは仲間の意識水準からの落ち込みを示唆しているのであろう。」

ユングによれば、トリックスターとは「救世主の先駆者」であり、「愚か者」と「道化」としての側面もありながら、「英雄性」 も併せ持っています。
トリックスターの大きな特徴は、ひとつのキャラクターの中に「道化性」と「英雄性」という相反する要素をもった両義性にあると言えます。
フレディにとても良く当てはまりますね。
フレディ トリックスター

「愚か者」といえば思い出すのは、タロットカードのゼロ番「愚者」のカード。
「愚者」The Foolは、道化師の衣装を身につけ、棒を持って旅をしている。
頭には王冠を被っているので、かつては高貴な存在で権力があり、天上との交信の能力を持っていたことを表している。
つまり「愚者」は愚かであると同時に優れており、何も持っていないが全てを知っている人物。
かつては全てを持っていたが、今は全てを放棄して自由になった人。
これはトリックスターの「価値の転倒」と似ています。

「愚か者」は、この世の価値が転倒していることを示唆しています。
これはプラトンの「洞窟の比喩」にも語られています。
洞窟に住む縛られた人々が見ているのは、実体の「影」であるが、それを実体だと思い込んでいる。
同じように、私たちが現実に見ているのものは、イデアの「影」に過ぎないと、ブラトンは言っています。
私たちが考える世の中の成功や富や名声は、実体の「影」に過ぎないものであり、本当の「実体」は私たちの背後にあります。
それを私たちに気づかせるために、道化師やトリックスターたちは暗躍しているのです!

トリックスターとは、神話の世界や、文化人類学の研究対象の中にいるのではなく、現実の人間として存在するということをフレディは教えてくれました。
私たちは20世紀のトリックスターを実際に目撃したのです!

トリックスターを目撃
見たにゃ。


8月から4ヶ月にわたって書いてきましたが、一応の結論に達したので、ここで一区切りにしたいと思います。
また何かあれば書きます。
1月26日のクイーンのコンサートには行きます。
44年ぶりにブライアンとロジャーに会えるなんて!

それでは皆さま良いお年を!



スポンサーサイト



エンターテイメントと3S政策について

フレディはエンターテイナーである。
エンターテイメントとは娯楽のことであり、スポーツやコンサート、舞台演劇などを指します。
スポーツが娯楽に入っているというのも驚きですが、エンターテイメントの範囲は広く、歌やダンスからマジック、お笑い、映画、アニメ、テレビのバラエティ番組、音楽番組、TVドラマ、演劇、サーカス、ゲーム、遊園地、ラジオ、新聞、雑誌、インターネット、プラモデル、小説、漫画、ギャンブルなど、実に様々なジャンルに渡って、私たちの生活に浸透しています。

ところで「3S政策」のことはご存じでしょうか?
3S政策とは、「Screen(スクリーン=映画鑑賞)、Sport(スポーツ=プロスポーツ観戦)、Sex(セックス=性産業)を用いて大衆の関心を政治に向けさせないようにする愚民化政策である」とされています。(Wikipedeaより)
これはアメリカの日本占領中に行われた政策とされていますが、見たところ、戦後もずっと続いていると思われます。
他には韓国で行われたとされますが、欧米の若者たちも全く同じ3Sに侵されているように見えます。

この政策により、日本では性風俗が開放され、映画やエンターテインメントが興隆し、プロ野球が国民的娯楽となりました。
3Sに目を向けさせることにより、民衆が感じている社会生活上の様々な不安や、政治への関心を逸らさせて、大衆を自由に思うがままに操作し得るとされます。簡単に言えば「ガス抜き」政策のこと。
これにより日本は「一億総白痴化した」と言われます。

3Sのうち、スクリーン(映画)により、悪者が退治され、正義が勝つシーンを見せられれば、世の中への不満が解消される疑似体験となって、社会悪に対する不満が薄れ、社会に隷属させることができると考えられました。
スクリーンには映画の他、テレビやビデオも含まれ、今ではUtubeも大活躍です。
テレビの音楽番組やMTVをはじめとするミュージックビデオも、もちろん若者を洗脳する装置として機能します。
洗脳の目的とは、政治や経済から民衆の目を逸らさせることです。

3Sのスクリーン鑑賞、スポーツ観戦、セックス産業と、エンターテイメントは殆ど重なっており、同じものだと言えます。
エンターテイメントには映画、音楽、スポーツ、性産業も含まれています。

フレディは音楽産業のエンターテイナーです。
彼は決して政治的な発言をすることはなく、「政治のことは専門家に任せておけばいいよ」と言っていました。
この発言は、多くの若者に影響を与えることでしょう。
日本でも、選挙には行かない、選挙に行っても仕方がないと言う若者はよく見かけます。
フレディは音楽産業のスターとして、図らずも3S政策の先導者としての役割をも担ってしまったのです。
これはフレディが意図したものとは思えず、結果的にそうなってしまったのかもしれません。
フレディ、エンターテイナー

フレディは音楽を愛し、ただひたすらに音楽をやりたかった。
そして音楽に政治は持ち込まず、切り離していました。
一方、フレディがミュージシャンとして活躍するための場所を提供する側があり、レコード会社やマネージメントを行なう音楽産業サイドでは、フレディに対してどのような要求または誘導を行ったのかはわかりません。
フレディは自分の恋愛体験を歌にして歌いたかった。
それは3S政策側としては願ってもないことで、3Sとしては、民衆の男性にはセックスを与え、女性には恋愛の夢を与えることで、人間が考える頭を奪うことが目的だったからです。
フレディは飛んで火に入る夏の虫だったのかもしれません。
フレディ自体、音楽産業の中でドラッグやセックスが自由になり、3Sに洗脳された被害者であり、同時に3Sのスターとなって人々に影響を与える存在になったのかもしれません。

そのように考えると恐ろしいことですが、これは何も隠された秘密ではなく、普通にWikipediaに載っていますので、誰の目にも明らかなものであり、周囲の状況を見渡してみれば、いかに3Sが浸透しているかを確認することができます。
ちなみにインターネットやUtubeも愚民化の道具なので、どうぞ気をつけてください。

そうした事実があるにしても、音楽は音楽!
誰かの思惑には関係なく音楽のスピリットは存在し、私たちは貴い音楽を宝物として持っています。
誰にも侵されることのない神聖なる音楽空間を胸に、私たちは生きていこう!


フレディは道化師を演じ続けた

そろそろフレディ・マーキュリーの正体について書きたいと思う。
結論から言って、フレディは「道化師」である
フレディは初期の頃から一貫して、道化師の衣装を着用していた。
最も早い時期と思われるものがこれ。
フレディ道化師1

道化師の歴史は、5世紀のエジプトまで遡ることができる。
ローマ帝国でも、富裕者は道化を雇い、祝宴の席で余興をやらせていた。
イギリスやフランスでも、王家や貴族は道化師を抱えていた。
道化師は、特権階級を楽しませるエンターテイナーであり、また愚か者のふりをすることで、王の欠点を笑い者にするようなことまでも、自由にものを言うことができた。
王は絶対であり、影の部分があってはならないので、道化師は王の影の部分を引き受けるスケープゴートであったとされる。

道化師は王様よりも強いので、悪魔や神様と取引した人と言われ、死神や怪物の姿で描かれることがある。
王より強い道化師は最強であり、ゲームを逆転させる切り札、つまりジョーカーであり、死をも恐れない愚か者として王を批判した。
本来は周囲を楽しませる存在である道化に対し、恐怖の対象としての道化もあり、そのような道化師を殺人ピエロ(キラークラウン)と呼ぶ。このあたり、キラークイーンの参考となったのではないか?

ピカソが描いた道化師。
明らかにフレディのモデルになっている。
ピカソの道化師

フレディのダイヤ柄

道化師には、身体障害者(小人など)や精神薄弱者が道化として雇われる場合と、障害が無い人間のケースがある。
中世以前のヨーロッパでは、障害児は純粋で「無意識の知恵」を持っているとされ、大事に扱われていた。
フレディは障害はない人間だが、白人の中で異人種であったことや、性的指向のことなど、どこか自分をアウトサイダーと感じていたのだろうか?
道化師は人を楽しませる存在だが、人から笑い者になる存在でもある。
フレディも自分を笑い者にすることを厭わない性質があったと思われるが、どこか自虐的である。

フレディが道化師の衣装を着るようになったのは、ニジンスキーの影響によると思われる。(バレエの項参照)
ニジンスキーは自らを「神の道化として踊る」と語ったが、次第に精神を病んでしまった。
「神の道化」とは、神を楽しませるという意味で、まさか神を告発するようなことはないだろう。
フレディは聴衆を楽しませるために自らを道化として表現したものであり、イギリスの統治者や時の政権を批判するようなことはなかった。
道化師になれば、世間の常識に捉われず、社会のタブーをも破って発言することができる。
フレディが言いたかったことは、社会的な慣習(人種差別など)や宗教的伝統、そして男女間の一夫一婦制などに対して異議を唱えることだったのではないか?

黒白ダイヤ

この後、フレディ作の1984年の「It`s A Hard Life」(永遠の誓い)では、イントロがレオンカヴァッロのオペラ「道化師」のアリア、「Vesti La Giubba」をベースとしている。
やはり「道化師」にこだわりが見られる。

そして1987年の「グレートプリテンダー
これぞフレディという曲の歌詞に、道化師が登場する。
klown(道化師)とkrown(王冠)の韻を踏んでいる。

「いいよ、成りすましで結構じゃないか
道化師のように、明るく笑おう
本音がどうであろうと、僕は見た目通り
泣きそうな心を無理に装って
王冠を乗せたかのように、華やかに」

そして最後の頃のPVに再び道化師の姿で現れる。
1991年の「狂気への序曲」。
これが道化師なのか実は定かではないが、道化師であるとする解説もある。
すでに病状が進んでいたが、フレディの動きはコミカルで良く研究されており、喜劇王のチャップリンを思い起こさせる。
チャップリンはアメリカから追放された時、「私は道化師であり続ける」と言った。
チャップリンの記念館は、フレディが愛したモントルーの近くにある。
それにしてもお美しい。このビデオの笑顔は最高だ。
狂気への序曲

「狂気への序曲」が収録されているのは、フレディ存命の最後のアルバム「イニュエンドウ」だが、
そのアルバムジャケットには、19世紀フランスの風刺画家グランヴィルの「Jaggler of Universe」が使われている。
ジャグラーとは大道芸人であり、ペテン師とも言われるが、宮廷道化師も含まれている。
やはり最後まで徹底的に道化師にこだわっていたのだ!
イニュエンドウ

フレディは初期から最後まで、道化師を演じていた
それがわかって、やっと私は「メイド・イン・ヘブン」の歌詞を理解することができるようになった。
「メイド・イン・ヘブン」(天の配剤)では、フレディが自分の役割を演じていると言っている。
そしてそれは誰の目にも明らかなんだと言う。
1985年発表の作品なので、まだ病気はわからなかった頃。
フレディの役割とは「道化を演じること」だったのだ!
フレディは初期からダイヤ柄の道化師の衣装を着ていたのだから、誰の目にも明らかだったのだ。

「自分の役割を演じ、目的を探し求めてる
みじめさだって受け入れて、魂の糧にしよう
僕の運命、神の望み、すべての事柄には意味がある
僕の運命、神の望み
誰もが皆、僕にそう言うんだ、ほらごらん
本当に正しいよ、簡単な事なんだよ
誰もが、誰もが、誰もが教えてくれる
単純なこと、そして正しいこと
星に記されていたんだよ」 ←これは占星術のこと。

フレディは20年弱の活動期間中、一貫して道化師を演じていた。
それは大衆を楽しませるためでもあったが、世の中の常識や規範を、それでいいのか? あなたはそのままでいいのか?と問いかけ続けていたと言える。
道化師は人の短所や欠点を突いてくる。
その不快な問いかけに対して、私たちはどのように立ち向かうのか?
フレディが仕掛けたゲームは続く。
これこそが皆が参加する「Show must go on」ゲームなのだ。






「フレディ・マーキュリー 自らが語るその人生」

自らの人生を語る

フレディ・マーキュリー 自らが語るその人生」を読みました。
いくつかインタビューの動画を見たことがありましたが、フレディが早口なので、さっぱりわかりませんでした。
この本を読んで、やっとインタビューの内容がわかり嬉しい。

フレディの20年にわたるインタビューの集大成なので、20年も経てば本人の考えも変わるでしょう。
私も20年前に自分が言ったことなんて覚えていません。
それにしても若い頃から自分の考えをハッキリ述べていて立派です。
やはり知的で独創的なことがわかります。
残念なのは、いつのインタビューなのか、年月日の記載がないことです。

驚いたのは、睡眠時間が1日3〜4時間で足りるとのこと。まるでナポレオンですね!
そうすると、8時間寝ている人の半分なので、起きている時間が長く、45年の人生でも50年以上生きていた計算になります。
やはり年齢というのは、人それぞれの生き方によって密度が違うということがわかります。

「イニュエンドウ」の頃になっても、非常に冷静に人生を語っていることに感銘を受けました。
つまり、自分の人生の限界を知っていたわけですから。
それでも変わらずに、常に前向きに進み続けたフレディ。
でも考えてみれば、私たちの人生にも必ずいつか限界が来ます。
私たちは皆、死亡率100パーセントなのですから。

面白かったのは、歌の作り方を話しているところ。
まずメロディーが浮かび、それから曲の構成を考えて、最後に歌詞を付けるそうです。
それでは、いつコードをつけるのでしょう?
ピアノの前に座って作曲することはないと言っていますから、コード付けが謎です。
それが知りたかったなあ。

とにかくフレディは音楽が好きで、非常な集中力があり、生涯を通じて熱心に音楽に取り組んでいたことがわかります。
「彼ほど強く、そして音楽を心から愛した人間をフレディ以外に見た事はない。」とはブライアンの言葉です。
作曲家のマイク・モランは「フレディは20世紀の 象徴的パフォーマーの一人として記憶されるべき。偉大な作曲者であり偉大な人間。不世出の人。墓銘碑にどう書くべきかわからないけど、私から見て彼は正真正銘独創的。」と賛辞を送っています。

今までこのブログを書いてきて、ネットからの情報や、少ない書籍をもとに、パズルのピースを当てはめるようにフレディ像を描いてきましたが、この本はフレディの生の声が聞けるので、一気にフレディ像が鮮明になったような気がします。
でもこれは公のインタビューですから、放送されたり活字になったりする前提の発言であることを考えると、フレディも本心は語っていないところがあるでしょうし、照れ隠しもあるでしょうし、また格好付けもあるでしょう。
誰もフレディを100パーセント知ることはできないし、自分のことを100パーセント知っている人もいないでしょう。
(たとえば自分の潜在意識、無意識のことはわからない)

インタビューでは、フレディが自分のことを莫大な財産があると言っているし、自分は美しいと言っているし、傲慢なところもあり、また正直な人でもあるので憎めない。
しかし有名でお金持ちになったために、親しい人から裏切られたことがあり、次第に人が信じられなくなり、人との間に壁をつくり、孤独になっていくところが悲しい。
有名になると、常にマスコミに追いかけられるようになり、事実とは全く違うことを書かれたり、ひどく批判されたりするので、そのプレッシャーに耐えられなくなり、アルコールやドラッグで壊れていく人も多いという。
フレディはさんざんマスコミに叩かれながら、本当に強靭な精神の持ち主だったのだ。

世の中には才能がある人が沢山いるのに、正当な評価を受けていない人がいるという。
そのような人は自分で自分を世の中に押し出すべきだし、ビジネスセンスを身につけた方が良いという、若者へのアドバイスはありがたいですね。

「自分は人々を幸せにしているという事実は、それがどんな形であれ、嬉しくてたまらない。たとえ彼らの人生のたった30分だったとしても、幸せだなあ、気持ちいいなあ、と感じてもらえるのなら、あるいは苦い顔に笑みをもたらせられるのなら、僕にとってそれは、とても価値のあることなんだ」
この部分が最も感動的でした。
人を幸せにするということは、人間にとって最も意味のあることだと思います。
フレディはそれを実行していたのですから、最高の人生ですね!

フレディはよく、人生を楽しみたいとか、とにかくお金を儲けて、それを使いたいんだとか言っていましたが、もちろんそれは人生の目的ではないでしょう。
私が考える人生の目的とは、まず精神的・経済的に自立すること。(女性も)
そしてなるべく視野を広げ、自分の誤り、偏見、歪みなどを取り去ってゆくこと。
生まれた時のような真っさらな状態へ戻っていくこと。
そして自分が感じた幸せや喜びを、周囲の人へ伝えていくこと。
ではないかな、と思っています。

今年もあと3日ですね。

ティソ「キャスリーン・ニュートンの肖像」

フレディが最後に買ったティソの絵について、続報です。
ティソの愛人、キャスリーン・ニュートンの肖像、この絵だということがわかりました。
この絵が描かれた後、彼女は病気で亡くなり、ティソはそれをきっかけにカトリックを信仰するようになりました。
この絵を見た限り、彼女にそのような憂いはなく、チャーミングな印象ですが、すでに病にかかっていた彼女にフレディは惹きつけられました。
この絵を買った頃、フレディは最後の録音「マザーラブ」を歌っています。
マザーというには若い女性ですから、やはりフレディは自分の母親ではなく「永遠に女性なるもの」に憧れたのでしょう。
そしてフレディはこの絵と共に最後の時を過ごし、永遠なる女性に導かれて昇天しました。

ティソ 「キャスリーン・ニュートンの肖像」
キャスリーン・ニュートンの肖像
プロフィール

楽園のペリ

Author:楽園のペリ
1975年、初来日の武道館でクイーンを体験、フレディのファンになる。長らくクイーンのことは忘れていたが、映画を見て思い出し、フレディについて研究するうち、ついにロンドンのガーデンロッジや、モントルーのクイーンスタジオまで行ってきました!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR